競技規定
ローカルルール
参加者一覧
組合せ
成績
歴代優勝者
過去の記録
JGA競技
第20回 東北ジュニアゴルフ選手権競技
男子12~14歳の部
開 催 日: 7月24日(木)~7月25日(金)
開催場所: 松島チサンカントリークラブ/仙台コース
距  離:
2014年7月25日(金)
2Round
2連覇を決めた米澤選手

米澤蓮(見前中3年/岩手)選手がプレーオフを制し2連覇飾る!

 東北ジュニアゴルフ選手権競技〈男子12~14歳の部〉の最終日・第2ラウンド。前半戦が終了した時点で遠藤銀河(中央台南中2年/福島)選手が、鈴木善貴(弘大教附中2年/青森)選手、米澤蓮(見前中3年/岩手)選手に2打差の単独トップで折り返し、仙台コースインのバックナインに入りました。

 遠藤選手は11、12番でボギーとし、米澤選手に1打差まで詰められますが、13、14番の連続バーディーで再び2打差をつけ遠藤選手も好プレーを見せます。迎えた15番ホール。遠藤選手ボギー、米澤選手がバーディーで一気に2打縮まり、35ホール目にして米澤選手が追いつきました。16番からは2人とも同スコアとなり、結局、遠藤選手がこの日通算3オーバー・75、トータル通算1オーバー・145。米澤選手はこの日通算イーブンパー・72、トータル通算1オーバー・145で並び、プレーオフへもつれ込みました。

(7/25 21:34)

全国大会出場を決めた2名の選手の皆さん

 プレーオフ1ホール目の1番ロングホール。米澤選手は第3打を5M、遠藤選手は4Mにつけ両者共バーディーチャンス。先に打った米澤選手は見事にバーディーパットを沈めますが、遠藤選手は惜しくも外して決着。米澤選手が昨年に引き続き連覇を成し遂げました。

 スタート時には3打差あり無理せず日本ジュニア出場枠の2位以内を目標にプレーしたという米澤選手。15番のバーディーで追いつき「チャンスあるかも」。はじめて優勝を意識します。プレーオフが決まり「日本アマでもベスト32の決定プレーオフで敗れて悔しい思いをしているので、ここは絶対に負けられないと思いました」。1ホール目で先にバーディーを決め2連覇をその手で掴みました。

 「日本ジュニアでは自分が上位進出を果たして、後輩達に出場枠を残せるよう頑張りたい。中学最後の年を締めくくりたいと思います」。その活躍に期待しましょう。なお、本競技の上位2名に日本ジュニアゴルフ選手権競技への参加資格が付与されました。出場選手のご健闘をお祈り申し上げます。

(7/25 21:35)


前半戦が終了。男子12~14歳の部は遠藤銀河(中央台南中2年/福島)選手がトータル通算1アンダーで単独トップで折返し

 東北ジュニアゴルフ選手権競技〈男子12~14歳の部〉の最終日・第2ラウンドが松島チサンカントリークラブ/仙台コース1番ティーより一斉にスタートしました。この日は早朝より好天に恵まれコンディションも良好。酷暑の中でのプレーとなりましたが、ジュニア達のフレッシュな闘いが繰り広げられています。

 前半アウト9ホールが終了した時点で遠藤銀河(中央台南中2年/福島)選手が通算1オーバー・37、トータル通算1アンダーで単独トップで後半へ折り返し。第2位タイでスタートした鈴木善貴(弘大教附中2年/青森)選手、米澤蓮(見前中3年/岩手)選手は共に通算イーブンパー・36でトータル通算1オーバーでその差を1打縮め2打差の第2位タイで後半へ折り返しました。後半どんな闘いが展開されるのか。

(7/25 14:46)


仙台コース1番ホールのプレー風景

男子12~14歳の部 第2ラウンドスタートしました

 東北ジュニアゴルフ選手権競技の男子12~14歳の部、最終日、第2ラウンドがスタートしました。参加者は50名。会場の松島チサンカントリークラブ/仙台コースは早朝より好天に恵まれ、絶好の好コンディションですが、気温が高く猛暑の中での厳しいラウンドが展開されています。

 果たして誰の頭上に栄冠が輝くのか?
 本日の成績発表は夕方の予定です。

(7/25 10:38)

2014年7月24日(木)
1Round
初日単独トップに立った遠藤選手

遠藤銀河(中央台南中2年/福島)選手が通算2アンダー・70で単独トップ!

 東北ジュニアゴルフ選手権競技〈男子12~14歳の部〉の初日・第1ラウンドが松島チサンカントリークラブ/仙台コースのアウトコースより一斉にスタートし、午後3時、参加者全員がホールアウト。初日の18ホールストロークプレーが終了しました。

 競技の結果、遠藤銀河(中央台南中2年/福島)選手が出場唯一のアンダーパーをマークし単独トップに立ちました。第2位タイには若有宣彦(長命ヶ丘中3年/宮城)選手、鈴木善貴(弘大教附中2年/青森)選手、米澤蓮(見前中3年/岩手)選手の3名が通算1オーバー・73で続いており明日の最終組はこの4名の組合せとなりました。明日はどんな闘いが展開されるのか・

 単独トップに立った遠藤選手は仙台コース1番スタート。1~4番はパーセーブ。5番で15Yのチップショットをそのままカップインさせバーディーが先行します。8番ロングホールで残り40Yの第3打を50cmに寄せるスーパーショットでこの日2つ目のバーディーを奪いスコアを伸ばします。最終ホールもパーとし前半はノーボギーの好プレーで通算2アンダー・34で折り返し。

 後半10番では4Mのバーディーチャンスから3パットしこの日初ボギーとしますが、14番で15Mのロングパットを決めてバーディー。スコアを戻し他は全てパーの通算イーブンパー・36、計70。「林から出てきたり、がけ下からパーセーブできたり運も味方してくれました」。前半はショットはあまりよくなかったものの、アプローチ、パットが良く、ラッキーもあって2アンダー。後半に入ってショットが安定し幾度かのバーディーチャンスもあったと言いますが「後半はチャンスでパッティングが決まりませんでした」。スコア的には納得の表情を見せる遠藤選手。「明日もスコアを伸ばして優勝できるように頑張りたいです」と語ってくれました。

(7/24 18:32)


スタート前にマーカー指定を受ける選手たち

男子12~14歳の部スタートしました

 東北ジュニアゴルフ選手権競技〈男子12~14歳の部〉の初日・第1ラウンドが7月24日(木)、松島チサンカントリークラブ/仙台コースで開催され、53名(2名欠場除く)が参加してアウトコースより一斉にスタートしました。会場の松島チサンCCは曇りですが時折晴れ間が差しコースコンディションは良好。今日はどんな闘いが展開されるのか?ジュニア達のフレッシュなプレーに期待しましょう。

(7/24 11:26)

 
(7/24 11:52)

2014年7月14日(月)
Information
服装規定について
東北ジュニア選手権競技においては、東北ゴルフ連盟ジュニア会員服装規定が適用されますが、夏季開催のため、半ズボンの着用を認めます。 (7/18 11:38)


東北ジュニア「指定練習日」の日程記載に誤りがありました

 7月24日(木)、25日(金)に開催の東北ジュニアゴルフ選手権競技(男女15~17歳・12~14歳の部)出場選手の皆さんに「出場選手へのお知らせ」をご送付させていただきましたが、9.「指定練習日」において下記の通り記載に誤りがありましたのでご連絡申し上げます。出場選手並びにご父兄の方々には大変ご迷惑をおかけいたしますが、再度ご確認いただきますようお願い申し上げます。訂正し深く陳謝申し上げます。

誤:9.指定練習日 7月19日(金)7月23日(火)7月24日(水)
   但し7月24日(水)の最終スタートは14:00とする。

正:9.指定練習日 7月18日(金)・7月22日(火)・7月23日(水)
   但し7月23日(水)の最終スタートは14:00とする。

(7/14 12:56)

Photo Gallery