競技規定
ローカルルール
参加者一覧
組合せ
成績
歴代優勝者
過去の記録
JGA競技
第21回 東北ジュニアゴルフ選手権競技
男子12~14歳の部
開 催 日: 7月29日(水)~7月30日(木)
開催場所: 松島チサンカントリークラブ/仙台
距  離:
2015年7月30日(木)
2Round
初優勝を飾った石岡選手

石岡丈(鰺ヶ沢中3年/青森)選手がトータル通算3アンダー・141で初優勝飾る!

 東北ジュニアゴルフ選手権競技〈男子12~14歳の部〉の最終日・第2ラウンドが行われ、この日も晴天と好コンディションで迎えた会場の松島チサンカントリークラブ/仙台コース(6,818Y/PAR72)でジュニア達のフレッシュな闘いが展開されています。

 午後3時10分、参加者全員がホールアウトしました。競技の結果、石岡丈(鰺ヶ沢中3年/青森)選手が好プレーを展開しこの日通算1アンダー・71、トータル通算3アンダー・141。トータル通算5オーバー・149で単独2位の佐藤亮太朗(中山中3年/宮城)選手に8打の大差をつけうれしい初優勝に輝きました。同最終組スタートの遠藤銀河(中央台南中3年/福島)選手はスコアを伸ばすことができずトータル通算7オーバー・151で3位となりました。

 アウトコースからスタートした石岡選手は「あくまでも優勝することが目標ですが自分のゴルフに集中しよう思いました」。前日よりショットが良くなって好感触。1番1M、3番2Mとアイアンショットをピンに絡めてバーディーが先行する幸先の良いスタートを切ります。5、6番はボギーとしますが、続く7番で10Yのチップインバーディー、8番ロングホールでは2オンに成功し2パットのバーディーと2連続でスコアを戻します。前半は通算2アンダー・34で後半へ折返し。

(7/31 9:22)

日本ジュニア出場を決めた選手の皆さん

 後半もショットは好調。バーディーチャンスがなかなか決まらずパッティングがもう一つだったと言いますが、スコアを落とすことなくパーセーブを続け、2位の佐藤選手との差を広げていきます。残り3ホールで優勝を意識し高ぶる緊張感の中でのプレーだったと言いますが堂々パーセーブを続け、後半はノーバーディーながらボギー1つに抑えて通算1オーバー・37、計71、トータル通算3アンダー・141。2日間アンダーパーをマークして完全優勝となりました。

 「初優勝できてうれしいです。今日はボギーを打ってもバーディーやパーセーブでスコアを作れたので自分でも納得のゴルフができたと思います。全国大会は初めての出場となりますがトップテン入りを目標に頑張りたい」と語ってくれました。

 なお、本競技の上位2名の選手が日本ジュニアゴルフ選手権競技への参加資格を得られました。出場選手の健闘をお祈り申し上げます。

(7/31 9:23)


男子12~14歳の部の前半戦が終了石岡丈(鰺ヶ沢中3年/青森)選手が
2つスコアを伸ばしトータル通算4アンダーで単独トップで折返し

 東北ジュニアゴルフ選手権競技〈男子12~14歳の部〉の最終日・第2ラウンドを迎え、午後12時10分、前半戦(仙台アウトコース)が終了しました。前日単独トップで最終組スタートの石岡丈(鰺ヶ沢中3年/青森)選手が前半を通算2アンダー・34、トータル通算4アンダーと2つスコアを伸ばして後半へ向いました。

 前日、トータル通算イーブンパー・72で単独2位スタートの佐藤亮太朗(中山中3年/宮城)選手は通算イーブンパー・36、トータル通算イーブンパーで前日と同じ単独2位で後半へ折返し。石岡選手が第2位の佐藤選手に4打差とその差を広げ一歩リードしています。後半戦、どんな闘いが繰り広げられるのか?

(7/30 13:53)


単独トップで最終組スタートの石岡選手

男子12~14歳の部スタートしました!

 7月30日(木)、東北ゴルフ連盟主催競技の第3戦となる東北ジュニアゴルフ選手権競技〈男子12~14歳の部〉の最終日・第2ラウンドを迎えました。会場の松島チサンカントリークラブ/仙台コース(6,818Y/PAR72)は曇り。上々のコンディションの中、参加者55名がアウトコースより一斉にスタートしました。

 前日は出場唯一のアンダーパーとなる通算2アンダー・70で石岡丈(鰺ヶ沢中3年/青森)選手が単独トップ。佐藤亮太朗(中山中3年/宮城)選手がトータル通算イーブンパー・72で第2位で続いています。最終日はどんな闘いが展開されるのか?本日、男子12~14歳の部のチャンピオンが決定します。成績発表は夕方の予定です。

(7/30 11:9)

最終組スタートの佐藤選手
最終組スタートの遠藤選手
最終組スタートの廣澤選手
 
(7/30 11:9)

2015年7月29日(水)
1Round
単独トップに立った石岡選手

石岡丈(鰺ヶ沢中3年/青森)選手がトータル通算2アンダー・70で単独トップ!

 東北ゴルフ連盟主催競技の第3戦、東北ジュニアゴルフ選手権競技〈男子12~14歳の部〉が7月29日(水)、
松島チサンカントリークラブ/仙台コース(6,818Y/PAR72)で開幕となり、初日・第1ラウンドが上々のコンディションの下行われました。

 午後3時40分、東北各県から集まった参加者計56名(1名欠場除く)が初日の18ホールストロークプレーを終了しました。石岡丈(鰺ヶ沢中3年/青森)選手が好調。トータル通算2アンダー・70と出場唯一のアンダーパーをマークして単独トップに立ちました。単独2位に佐藤亮太郎(中山中3年/宮城)選手がトータル通算イーブンパー・72。本年度の福島県アマチャンピオン、遠藤銀河(中央台南中2年/福島)選手がトータル通算2オーバー・74で単独3位に続いています。

 アウトコーススタートの石岡丈(鰺ヶ沢中3年/青森)選手は2番で1Mのパーパットをはずしてボギーが先行しますが、続く3番ミドルホールで残り100Yの第2打を1Mにつけバーディー。スコアを戻します。ショットはそれほど良くないと言いますが、アプローチとパッティングが好調でその後は手堅くパーセーブを続けスコアメイク。最終9番でも1Mに寄せてバーディーとし前半は通算1アンダー・35で折返し。

 後半に入ってショットが好調となり堅実にパーを重ねます。13番ロングホールで3Mを決めバーディー。16番ミドルホールでは残り100Yを30cmにピタリと寄せてバーディーとしスコアを伸ばします。最終ホールは3パットボギーで通算1アンダー・35、トータル通算2アンダー・70。今年から東北ゴルフ連盟指定強化選手に認定され日々トレーニングなどに励んでいるという石岡選手。「技術面やトレーニングなどとても身になっており上達につながっていると思います。今日はアプローチとパッティングが良く良いプレーができたと思います。明日は今日みたいにパープレー以下でラウンドして、全国大会に出場できるよう頑張りたいですね」と語ってくれました。

(7/29 17:28)


仙台コース1番ホールでスタート前の説明を受ける

男子12~14歳の部スタートしました!

 東北ゴルフ連盟主催競技の第3戦、東北ジュニアゴルフ選手権競技〈男子12~14歳の部〉が、7月29日(水)、いよいよ開催となりました。会場の松島チサンカントリークラブ/仙台コース(6,818Y/PAR72)は早朝より好天に恵まれ上々のコンディションで初日・第1ラウンドを迎えました。

 定刻の午前7時30分、東北各県から集まった参加者計57名がアウトコースから一斉にスタートしました。気温30度を超える真夏日、猛暑の中でのラウンドとなりましたが、ジュニア達のフレッシュな闘いが繰り広げられています。

 本日の成績発表は夕方の予定です。

(7/29 11:56)

 
(7/29 11:56)

2015年7月23日(木)
Information
12~14歳の部 競技用レーティングについて


本選手権競技はスコア提出の際、トーナメントスコア対象競技となっております。

 トーナメントスコアはJGA/USGAハンディキャップインデックスを算出する際、プライベートラウンドとのスコアと区分された「トーナメントスコア」としてNEW J-sys内で扱われ、プレーヤーのIndexを低減する措置が自動的に行われることがある対象競技スコアとなります。

 また、本競技のコースレーティングおよびスロープレーティングは、既にNEW J-sysに登録されている松島チサンCC(仙台コース)のコースレーティング・スロープレーティングとは異なるため、東北ジュニア用のコースレーティングを登録してあります。NEW J-sysに競技2日間のスコアは東北ジュニア用を選択して入力してください。

     競技レーティング情報

         [男子]
    ◆コースレーティング  72.3
    ◆スロープレーティング 131

         [女子]
    ◆コースレーティング  74.3
    ◆スロープレーティング 132

【NEW J-sys登録方法】
・スコア種別は「トーナメント」を指定(競技日のみ)
 ※指定練習日は「アウェイ」としてください

(7/23 12:14)


Photo Gallery