競技規定
ローカルルール
参加者一覧
組合せ
成績
歴代優勝者
過去の記録
JGA競技
第22回 東北ジュニアゴルフ選手権競技
男子12~14歳の部
開 催 日: 7月27日(水)~7月28日(木)
開催場所: 松島チサンカントリークラブ/仙台コース
距  離:
2016年7月28日(木)
2Round
初優勝を飾った宝泉選手

宝泉研輝選手(高森中2年/宮城)トータル通算3オーバー・147で初優勝!

 東北ゴルフ連盟主催競技の第3戦、東北ジュニアゴルフ選手権競技〈男子12~14歳の部〉の最終日・第2ラウンドが、、7月29日(水)、松島チサンカントリークラブ/仙台コース(6,818Y/PAR72)で開幕となりました。この日の松島チサンCCは気温27度、湿度が高く蒸し暑い天候ですが、心配されていた降雨はなく良好なコンディションの下、ジュニア達のフレッシュな戦いが繰り広げられています。

 午後2時40分、東北各県から集まった参加者計30名が2日目の18ホールをホールアウトし、計36ホールストロークプレーを終了しました。競技の結果、前日単独トップの最終組でスタートした猪股柊平選手(名取第一中3年/宮城)は前半で3つ、後半で7つスコアを落とし通算10オーバー・82、トータル通算10オーバー・154と戦線離脱。

 一方、前半のフロントナインで通算1オーバー・37、トータル通算2オーバーで逆転に成功した同最終組スタートの宝泉研輝選手(高森中2年/宮城)。また、同最終組スタート、前半通算4オーバー・40、トータル通算5オーバーの倉林太聖選手(東向陽台中3年/宮城)は3打差の第3位でバックナインへ入ります。

 後半で猛チャージをみせる倉林選手。14番のバーディーで1打差、15番の連続バーディーで3打差を一気に詰めトップ並び、残り3ホール。両者の激しい闘いが繰り広げられました。迎えた最終18番。倉林選手がボギーとしパーの宝泉選手がうれしい初優勝を飾りました。

 1打差を追いかける宝仙選手ですが「練習ラウンドでもアンダーパーでラウンドできているので、いつものゴルフができればチャンスはあるはず」。初優勝をかけて1番ティーに立ちました。ショットは好調。相手のスコアはあまり気にせず自分のゴルフに徹します。前半は通算1オーバー・37、トータル通算2オーバーとし逆転に成功して後半戦へ。

 後半スタートはボギー発進も続く11番でバーディーとし取戻しスコアを守ります。14番ホールで宝泉選手がボギー。3打差で第3位の倉林選手が同ホールをバーディーとし「1打差になってちょっと意識し始めました」と宝泉選手。次の15番ホールで連続バーディーを決めた倉林選手に追い付かれ残り3ホール。「最終3ホールはあまり得意なホールではないのであくまでセンター狙いに徹しました」。3ホールともパーセーブした宝泉選手がトータル通算3オーバー・147で、最終ホールボギーの倉林選手に1打差で初優勝につなげました。

 「こんなに接戦になるとは思いもしませんでした。終盤追いつかれてプレーオフでも仕方がないと覚悟も決めましたが、最終ホールで決まってホッとしました。優勝できて本当にうれしいです」と笑顔で応える宝仙選手。初めての日本ジュニア出場は「パッティングの精度を高めてしっかり3日間闘えるように頑張りたいですね」と語ってくれました。

終盤で優勝争いを展開。第2位の倉林太聖選手(東向陽台中3年/宮城)が初の日本ジュニア出場を決める!

 前日は宝泉選手と同じ通算1オーバー・73の第2位タイでスタートした倉林太聖選手(東向陽台中3年/宮城)。前半は通算4オーバー・40とスコアを落として戦線離脱かと思いきや、バックナインで3つバーディーを奪う猛チャージを見せ15番でトップに追いつきます。プレーオフ覚悟の最終ホールで痛恨のボギーとし惜しくも第2位。「日本ジュニア初出場はとてもうれしいです。今年3年生で最後の年なので優勝目指して頑張りたい」と語ってくれました。

 なお、本競技の上位2名に日本ジュニアゴルフ選手権競技への参加資格が付与されました。出場選手のご健闘をお祈り申し上げます。

(7/29 5:35)

 
(7/29 5:28)


全国大会出場を決めた2名の選手の皆さん


(7/29 5:27)


前半戦が終了!宝泉研輝選手(高森中2年/宮城)が通算1オーバー・37
トータル通算2オーバーで逆転。1打差トップで折返し

 東北ゴルフ連盟主催競技の第3戦、東北ジュニアゴルフ選手権競技〈男子12~14歳の部〉の最終日・第2ラウンドが、、7月29日(水)、松島チサンカントリークラブ/仙台コース(6,818Y/PAR72)で開幕となりました。この日の松島チサンCCは気温27度、湿度が高く蒸し暑い天候ですが、心配されていた降雨はなく良好なコンディションの下、ジュニア達のフレッシュな戦いが繰り広げられています。

 前半の仙台アウトコースを終了した時点で、前日トップスタートの猪股柊平選手(名取第一中3年/宮城)が通算3オーバー・39のトータル通算3オーバー。前日第2位スタートの宝泉研輝選手(高森中2年/宮城)が通算1オーバー・37のトータル通算2オーバーで逆転。トップで折返しました。逆に1打差を追いかける猪股選手と単独トップの宝泉選手との闘いとなるのか。いよいよ残り9ホールとなりました。

(7/28 12:48)


仙台アウトコース1番ティーのスタート風景

ジュニア〈男子12~14歳の部〉スタートしました!

 東北ゴルフ連盟主催競技の第3戦、東北ジュニアゴルフ選手権競技〈男子12~14歳の部〉が、7月28日(木)、いよいよ開催となりました。会場の松島チサンカントリークラブ/仙台コース(6,818Y/PAR72)は、この日も降雨が気になるどんよりした曇り空ですが早朝よりスタート終了までは降雨はなく、上々のコンディションで最終日・第2ラウンドを迎えました。

 前日初日は猪股柊平選手(名取第一中3年/宮城)がトータル通算イーブンパー・72で単独トップに立ちました。トータル通算1オーバー・73の第2位タイに宝泉研輝選手(高森中2年/宮城)と倉林太聖選手(東向陽台中3年/宮城)。トータル通算3オーバー・75の単独第4位に中村凜(高楯中3年/山形)がつけ、この4名が最終組スタート。どんな闘いとなるのか。
定刻の午前7時30分、参加者計31名が仙台アウトコースから一斉にスタートしました。

 本日の成績発表は夕方の予定です。

(7/28 10:57)

 
(7/28 10:56)

2016年7月27日(水)
1Round
単独トップに立った猪股選手

猪股柊平選手(名取第一中3年/宮城)がトータル通算イーブンパー・72で単独トップ!

 東北ゴルフ連盟主催競技の第3戦、東北ジュニアゴルフ選手権競技〈男子12~14歳の部〉が、7月29日(水)、松島チサンカントリークラブ/仙台コース(6,818Y/PAR72)で開幕となりました。この日の松島チサンCCは雨予報だったものの、午後には晴れ間が差すなどプレーし易い上々のコンディションで初日・第1ラウンドが行われました。

 午後3時過ぎ、東北各県から集まった参加者計33名が初日の18ホールストロークプレーを終了しました。競技の結果、猪股柊平選手(名取第一中3年/宮城)がトータル通算イーブンパー・72で単独トップに立ちました。トータル通算1オーバー・73の第2位タイに宝泉研輝選手(高森中2年/宮城)と倉林太聖選手(東向陽台中3年/宮城)が続いています。上位は混戦模様ですが明日はどんな闘いが展開さるのか。

 仙台アウトコース2組スタートの猪股選手。最近はドライバーショットが右へ、アイアンショットが左へとショットが不安定だったものの、前日の練習で「バックスイングの上げ方を注意するようにしたらショットが向上しました」と開眼。「初日なので3オーバー・75くらいを目標にしました」と謙虚にスタートしました。スタートの1番で残り50Yをロブショットで10cmにピタリと寄せてバーディーの好発進。その後はスコアカード通りにパーセーブし、最終9番ホールでは15Mのロングパットを強めに入れて2つ目のバーディーを奪いノーボギーで通算2アンダー・34で折返し。

 後半スタートの10番で3M、11番で5M、12番で3Mといずれもミドルパットを決めてパーセーブ。「10~12番は苦手なホールなので慎重にプレーしたのが良かった」とノーボギーを堅守。我慢のゴルフで前半の貯金をキープします。17番でダブルボギーを叩きスコアを落としますが後半は通算2オーバー・38、計72。「後半の3ホールをパーセーブできたのが良かった。17番のボギーは痛かったですが、明日はアンダーパーを目指して優勝を狙いたいですね」。初優勝なるか。期待しましょう。

(7/27 18:21)


仙台アウトコーススタート風景

ジュニア〈男子12~14歳の部〉スタートしました!

 東北ゴルフ連盟主催競技の第3戦、東北ジュニアゴルフ選手権競技〈男子12~14歳の部〉が、7月27日(水)、いよいよ開催となりました。会場の松島チサンカントリークラブ/仙台コース(6,818Y/PAR72)は雨の予報でその影響が心配されましたが、早朝よりスタート終了までは降雨はなく曇り。上々のコンディションで初日・第1ラウンドを迎えました。

 定刻の午前7時30分、東北各県から集まった参加者計33名が松島アウトコースから一斉にスタート。湿度は高めですが気温は23度とこの時期では比較的プレーい易いコンディションでのラウンドとなりました。ジュニア達のフレッシュな闘いが繰り広げられています。

 本日の成績発表は夕方の予定です。

(7/27 11:59)

 
(7/27 11:57)

Information
競技用レーティングについて
本選手権競技はスコア提出の際、トーナメントスコア対象競技となっております。

 トーナメントスコアはJGA/USGAハンディキャップインデックスを算出する際、プライベートラウンドとのスコアと区分された「トーナメントスコア」としてNEW J-sys内で扱われ、プレーヤーのIndexを低減する措置が自動的に行われることがある対象競技スコアとなります。

 また、本競技のコースレーティングおよびスロープレーティングは、既にNEW J-sysに登録されている松島チサンCC(仙台コース)のコースレーティング・スロープレーティングとは異なるため、東北ジュニア用のコースレーティングを登録してあります。NEW J-sysに競技2日間のスコアは東北ジュニア用を選択して入力してください。

     競技レーティング情報

         [男子]
    ◆コースレーティング  72.3
    ◆スロープレーティング 131

         [女子]
    ◆コースレーティング  74.3
    ◆スロープレーティング 132

【NEW J-sys登録方法】
・スコア種別は「トーナメント」を指定(競技日のみ)
 ※指定練習日は「アウェイ」としてください

(7/11 10:52)


Photo Gallery