競技規定
ローカルルール
参加者一覧
組合せ
成績
歴代優勝者
過去の記録
JGA競技
第20回 東北ジュニアゴルフ選手権競技
女子15~17歳の部
開 催 日: 7月24日(木)~7月25日(金)
開催場所: 松島チサンカントリークラブ/松島コース
距  離:
2014年7月25日(金)
2Round
女子15~17歳の部初優勝の蛭田選手

蛭田みな美(学法石川高2年/福島)選手が通算1アンダー・143で初優勝!

 東北ジュニアゴルフ選手権競技〈女子15~17歳の部〉の最終日・第2ラウンド。前半戦が終了し蛭田みな美(学法石川高2年/福島)選手が2つスコアを落とすも前日の貯金が効いて通算1アンダーの単独トップで折り返し。前半通算イーブンパー・36、トータル通算1オーバーで折返した椿原海里(東北高3年/宮城)選手が単独2位。田村亜矢(東北高2年/宮城)選手が通算2オーバー・38、トータル通算2オーバーで第3位でトップを追いかけます。

 後半アウトのバックナインでは激しい闘いが繰り広げられました。1番ロングホールで蛭田選手がボギー、田村選手がバーディーとし一気に2打縮めて、田村選手が猛追を見せます。2、3番は共にパーセーブし1打差で迎えた4番ホールで田村選手がバーディーを決めトップタイに並びます。

(7/25 21:32)

全国大会出場を決めた3名の選手の皆さん

 しかし次の5番ホールで蛭田選手が1.5Mのバーディーパット決め、田村選手がボギーとして再び2打差。7番ホールでは蛭田選手がボギーとして1打差と両者のスコアは激しく動きます。1打差のまま迎えた9番ホールで蛭田選手がバーディーを奪って勝負あり。蛭田選手が女子15~17歳の部で初優勝に輝きました。

 前半はショットが不安定な上、短いパーパットを外すなどパッティングもあまり良くなかったという蛭田選手。ノーバーディーながら耐えるゴルフでなんとか2オーバーに抑え後半に臨んだと言います。後半に入って「ショット、パッティング共に落ち着いてきて、焦らず自分のゴルフに集中しようと思いました」。気の抜けないゲーム展開ながら冷静なプレーを見せ優勝につなげました。

 本年度は日本女子アマチャンピオンに輝くなど急成長を見せる17歳ですが、意外にも東北ゴルフ連盟主催競技での優勝は2009年開催の女子11歳以下の部優勝以来2度目。「優勝することができて良かったです。日本ジュニアに向け調整して臨みたい」と語ってくれました。

 なお、本競技の上位3名に日本ジュニアゴルフ選手権競技への参加資格が付与されました。出場選手のご健闘をお祈り申し上げます。

(7/25 21:32)


前半戦が終了。女子15~17歳の部は蛭田みな美(学法石川高2年/福島)選手がトータル通算1アンダーで単独トップで折返し

 東北ジュニアゴルフ選手権競技〈女子15~17歳の部〉の最終日・第2ラウンドが松島チサンカントリークラブ/松島コース10番ティーより一斉にスタートしました。この日は早朝より好天に恵まれコンディションも良好。酷暑の中でのプレーとなりましたが、ジュニア達のフレッシュな闘いが繰り広げられています。

 前半インコースの9ホールを終了した時点で、前日単独トップでスタートした蛭田みな美(学法石川高2年/福島)選手は通算2オーバー・38と2つスコアを落としてトータル通算1アンダーで後半へ。第2位タイでスタートした田村亜矢(東北高2年/宮城)選手は通算2オーバー・38、トータル通算2オーバーでその差は変わらず3打差のまま単独2位で後半へ折り返しました。同じく第2位タイでスタートした西畑昭甫(東北高2年/宮城)選手は通算3オーバー・39でトータル通算3オーバーで単独3位で折返し。3打差をつけて蛭田選手が優位にゲームを進めています。果たして後半どんな闘いが展開されるのか。

(7/25 14:38)


松島コース10番ホールのプレー風景

女子15~17歳の部 第2ラウンドスタートしました

 東北ジュニアゴルフ選手権競技の女子15~17歳の部、最終日、第2ラウンドがスタートしました。参加者は45名(棄権1名除く)。会場の松島チサンカントリークラブ/松島コースは早朝より好天に恵まれ、絶好の好コンディションですが、気温が高く猛暑の中での厳しいラウンドが展開されています。

 果たして誰の頭上に栄冠が輝くのか?
 本日の成績発表は夕方の予定です。

(7/25 10:40)

2014年7月24日(木)
1Round
単独トップの蛭田選手

蛭田みな美(学法石川高2年/福島)選手が通算3アンダー・69で単独トップ!

 東北ジュニアゴルフ選手権競技〈女子15~17歳の部〉の初日・第1ラウンドが松島チサンカントリークラブ/松島コースのインコースより一斉にスタートし、午後2時40分、参加者全員がホールアウト。初日の18ホールストロークプレーが終了しました。

 競技の結果、今年の日本女子アマチャンピオン、蛭田みな美(学法石川高2年/福島)選手が好調。出場唯一の60台、トータル通算3アンダー・69をマークして第2位に3打差をつけ単独トップに立ちました。田村亜矢(東北高2年/宮城)選手、西畑昭甫(東北高2年/宮城)選手の2名が通算イーブンパー・72で第2位タイに続き、坂東奈央(東北高2年/宮城)選手、椿原海里(東北高3年/宮城)選手がトータル通算1オーバー・73で1打差を追っています。トップの蛭田選手が1歩抜け出していますが、明日はどんな闘いが展開されるのか。

 今年の日本女子アマで初優勝を決めた蛭田選手。「自分がやってきてことが間違ってなかったことが自身につながりました」。その後も好調を維持。この日も唯一の60台をマークする好プレーを見せてくれました。松島コース10番スタート。手堅くパーセーブを続け13番で4M、15番4M、16番で4Mと3バーディーを奪って快調にスコアを伸ばします。他1ボギーで通算2アンダー・34で折り返し。「今日はティーショットからパッティングまでアドレスで右を向いてしまう傾向があったので調整しながらのラウンドでした」。それでもアイアンショットが斬れて前半3バーディーを奪取します。

 ドライバーショットが悪かったと言いますが後半に入っても安定したゴルフを展開。1番で1M、3番で2M、最終9番では6Mを決めてバーディーとし、他2ボギーで通算1アンダー・35、計69。トータル6バーディーを奪って好スコアにつなげました。「3ボギーは打ち過ぎですが、スコア的には良かったと思います」と笑顔を見せてくれました。

(7/24 18:26)


10番スタートの風景

女子15~17歳の部スタートしました

 東北ジュニアゴルフ選手権競技〈女子15~17歳の部〉の初日・第1ラウンドが7月24日(木)、松島チサンカントリークラブ/松島コースで開催され、47名(1名欠場除く)が参加してインコースより一斉にスタートしました。会場の松島チサンCCは曇りですが時折晴れ間が差しコースコンディションは良好。今日はどんな闘いが展開されるのか?ジュニア達のフレッシュなプレーに期待しましょう。

 初日・第1ラウンドの成績発表は夕方の予定です。

(7/24 11:15)

 
(7/24 11:16)

2014年7月14日(月)
Information
服装規定について
東北ジュニア選手権競技においては、東北ゴルフ連盟ジュニア会員服装規定が適用されますが、夏季開催のため、半ズボンの着用を認めます。 (7/18 11:39)


東北ジュニア「指定練習日」の日程記載に誤りがありました

 7月24日(木)、25日(金)に開催の東北ジュニアゴルフ選手権競技(男女15~17歳・12~14歳の部)出場選手の皆さんに「出場選手へのお知らせ」をご送付させていただきましたが、9.「指定練習日」において下記の通り記載に誤りがありましたのでご連絡申し上げます。出場選手並びにご父兄の方々には大変ご迷惑をおかけいたしますが、再度ご確認いただきますようお願い申し上げます。訂正し深く陳謝申し上げます。

誤:9.指定練習日 7月19日(金)7月23日(火)7月24日(水)
   但し7月24日(水)の最終スタートは14:00とする。

正:9.指定練習日 7月18日(金)・7月22日(火)・7月23日(水)
   但し7月23日(水)の最終スタートは14:00とする。

(7/14 12:55)

Photo Gallery