競技規定
ローカルルール
参加者一覧
組合せ
成績
歴代優勝者
過去の記録
JGA競技
第20回 東北ジュニアゴルフ選手権競技
女子12~14歳の部
開 催 日: 7月24日(木)~7月25日(金)
開催場所: 松島チサンカントリークラブ/仙台コース
距  離:
2014年7月25日(金)
2Round
女子12~14歳の部初優勝の大田選手

大田紗羅(小名浜第二中2年/福島)選手がトータル通算1オーバー・145で優勝!

 東北ジュニアゴルフ選手権競技〈女子12~14歳の部〉の最終日、第2ラウンド。仙台コースインの前半戦が終了して大田紗羅(小名浜第二中2年/福島)選手が、髙久みなみ(西郷第一中2年/福島)選手に2打差をつけて折返し、アウトのバックナインに入りました。後半に入っても手堅いゴルフを展開する大田選手に対して髙久選手もいいゴルフを続けますが、4番のダブルボギーが響き、結局、後半通算3オーバー・39、計77、トータル通算6オーバー・150の第3位でフィニッシュ。

 大田選手は後半も安定したゴルフを見せてスコアカード通りの通算イーブンパー・36、計72、トータル通算1オーバー・145で女子12~14歳の部初優勝に輝きました。単独3位スタートの大村みなみ(南中山中3年/宮城)選手は後半通算1オーバー・37、計75、トータル通算5オーバー・149で単独2位に入賞しました。

(7/25 21:27)

全国大会出場を決めた3名の選手の皆さん

 「このコースは10、11番が苦手ホールなので、乗り切れるよう慎重にスタートしました」。連続ボギーとしスタートで出遅れた前日とは違いパーセーブで難所をすり抜けます。15番ボギーとしますが、18番で5Mのストレートを決めてバーディー。スコアを戻し通算イーブンパー・36で折返します。

 前半はショットが好調で安定していた大田選手ですが後半に入って風が強くなり、読み間違いなどでスコアメイクに苦しみます。4番、6番ではパーオンせずアプローチ、パットでパーセーブする我慢のゴルフ。結果通算イーブンパー・36、計72、トータル通算1オーバー・145で逃げ切りました。「2アンダーを目標にプレーしましたが、バーディーが取れませんでした」。この日のバーディー18番の1ホールだけ。それでもボギーを打たない堅実なゴルフで東北女子アマに続く2冠目。

 2012年の女子11歳以下の部で優勝した時は全国小学生ゴルフ大会でも優勝を果たしており、中学生で初めての全国大会出場に期待がかかります。「日本女子アマ出場で感じたのはバーディー数が少ないことでした。もう少しショットの精度を上げてバーディーが獲れるようにしたい。また、日本ジュニアは熱い日の開催になると思うので、トレーニングなどで体力面も上げてトップ目指して頑張りたいです」と語ってくれました。

 なお、本競技の上位3名に日本ジュニアゴルフ選手権競技への参加資格が付与されました。出場選手のご健闘をお祈り申し上げます。

(7/25 21:28)


前半戦が終了。女子12~14歳の部は大田紗羅(小名浜第二中2年/福島)選手がトータル通算1オーバーで単独トップで折返し

 東北ジュニアゴルフ選手権競技〈女子15~17歳の部〉の最終日・第2ラウンドが松島チサンカントリークラブ/仙台コース10番ティーより一斉にスタートしました。この日は早朝より好天に恵まれコンディションも良好。酷暑の中でのプレーとなりましたが、ジュニア達のフレッシュな闘いが繰り広げられています。

 前日トップタイでスタートした大田紗羅(小名浜第二中2年/福島)選手が前半インコースの9ホールを終了した時点で、通算イーブンパー・36、トータル通算1オーバーで単独トップで折返しました。同じくトップタイでスタートした髙久みなみ(西郷第一中2年/福島)選手は通算2オーバー・38、トータル通算3オーバーで大田選手に2打差を追いかけます。

 単独3位でスタートした大村みなみ(南中山中3年/宮城)選手は通算2オーバー・38、トータル通算4オーバーで順位はそのまま単独3位で折返しました。同最終組でスタートした久保田さくら(吉成中3年/宮城)選手は通算3オーバー・39、トータル通算7オーバーで第6位と順位を落として後半へ折返しました。

 大田選手が2打差をつけてリードしていますが、バックナインでどんな闘いが展開されるのか?

(7/25 14:34)


仙台コース10番ティーのスタート風景

女子12~14歳の部 第2ラウンドスタートしました

 東北ジュニアゴルフ選手権競技の女子12~14歳の部、最終日、第2ラウンドがスタートしました。参加者は36名(棄権1名除く)。会場の松島チサンカントリークラブ/仙台コースは早朝より好天に恵まれ、絶好の好コンディションですが、気温が高く猛暑の中での厳しいラウンドが展開されています。

 果たして誰の頭上に栄冠が輝くのか?
 本日の成績発表は夕方の予定です。

(7/25 10:44)

2014年7月24日(木)
1Round

大田紗羅(小名浜第二中2年/福島)選手、髙久みなみ(西郷第一中2年/福島)選手が
トータル通算1オーバー・73でトップタイ!

 東北ジュニアゴルフ選手権競技〈女子12~14歳の部〉の初日・第1ラウンドが松島チサンカントリークラブ/仙台コースのインコースより一斉にスタートし、午後2時、参加者全員がホールアウト。初日の18ホールストロークプレーが終了しました。

 競技の結果、大田紗羅(小名浜第二中2年/福島)選手と髙久みなみ(西郷第一中2年/福島)選手がトータル通算1オーバー・73でトップタイで初日を終了しました。単独2位には大村みなみ(南中山中3年/宮城)選手がトータル通算74で続いています。トータル通算4オーバー・76の第3位タイには久保田さくら(吉成中3年/宮城)選手、横山もも(稲井中2年/宮城)選手、平塚新夢(住吉中3年/宮城)選手、木村怜衣(将監中3年/宮城)選手の5名が並んでおり、トップから3打差内に7名の混戦模様となりました。

(7/24 18:19)

トップタイの髙久選手(左)と大田選手

 本年度の東北女子アマで史上最年少優勝を飾った大田選手は仙台コース10番スタート。10、11番と1M弱のパーパットをはずしてボギーが先行する苦しいスタートとなりました。14番もボギーとしますが16番で3Mを決めてバーディーと1打スコアを縮めて通算2オーバー・38で折り返します。

 後半に入って落ち着きを取り戻すと、1番で1M、5番で1.5Mとショットも冴えてバーディーを奪いスコアを戻します。他ボギー1つに抑えて後半は通算1アンダー・35、計73。後半に入ってセカンドショットが冴えて終盤4ホールは全てがバーディーチャンスだったという大田選手ですが2バーディー止まり。「今日は2アンダーを目標にプレーしましたが、出だしでつまづいてしまいました。バーディーパットが入りませんでしたが、ショットは悪くないので、明日もアンダーパーを目標に頑張りたい」。

 同じくトップタイの髙久選手は14番でボギーとしますが、15番で2M、16番で4Mを決めて連続バーディーを奪いスコアを縮めます。残りは全てパーセーブして通算1アンダー・35で折り返し。後半入ってショットが不安定となり、2、6番でボギー、4番でダブルボギーとスコアを落とします。7番で6Mを決めてこの日3つ目のバーディーを奪い後半は通算2オーバー・38、計73。

 得意のショートアイアンは良かったものの、他はもうひとつだったという髙久選手。「意外ににパットが入ってくれたのでこのスコアでラウンドできたと思います。明日はアンダーパーでラウンドできるように頑張りたい」と語ってくれました。

(7/24 18:18)


女子12~14歳の部スタートしました

女子12~14歳の部スタートしました

 東北ジュニアゴルフ選手権競技〈女子12~14歳の部〉の初日・第1ラウンドが7月24日(木)、松島チサンカントリークラブ/仙台コースで開催され、37名が参加してインコースより一斉にスタートしました。会場の松島チサンCCは曇りですが、時折晴れ間が差しコースコンディションは良好。今日はどんな闘いが展開されるのか?ジュニア達のフレッシュなプレーに期待しましょう。

 初日・第1ラウンドの成績発表は夕方の予定です。

(7/24 11:9)

 
(7/24 11:10)

2014年7月14日(月)
Information
服装規定について
東北ジュニア選手権競技においては、東北ゴルフ連盟ジュニア会員服装規定が適用されますが、夏季開催のため、半ズボンの着用を認めます。 (7/18 11:39)


東北ジュニア「指定練習日」の日程記載に誤りがありました

 7月24日(木)、25日(金)に開催の東北ジュニアゴルフ選手権競技(男女15~17歳・12~14歳の部)出場選手の皆さんに「出場選手へのお知らせ」をご送付させていただきましたが、9.「指定練習日」において下記の通り記載に誤りがありましたのでご連絡申し上げます。出場選手並びにご父兄の方々には大変ご迷惑をおかけいたしますが、再度ご確認いただきますようお願い申し上げます。訂正し深く陳謝申し上げます。

誤:9.指定練習日 7月19日(金)7月23日(火)7月24日(水)
   但し7月24日(水)の最終スタートは14:00とする。

正:9.指定練習日 7月18日(金)・7月22日(火)・7月23日(水)
   但し7月23日(水)の最終スタートは14:00とする。

(7/14 12:54)

Photo Gallery