競技規定
ローカルルール
参加者一覧
組合せ
成績
歴代優勝者
過去の記録
JGA競技
第22回 東北ジュニアゴルフ選手権競技
女子12~14歳の部
開 催 日: 7月27日(水)~7月28日(木)
開催場所: 松島チサンカントリークラブ/仙台コース
距  離:
2017年7月28日(金)
2Round
小学生から3連覇の鶴瀬選手

鶴瀬華月選手(南吉成中2年/宮城)がプレーオフ制し連覇V3達成!

 東北ゴルフ連盟主催競技の第3戦、東北ジュニアゴルフ選手権競技〈女子12~14歳の部〉の最終日・第2ラウンドが、、7月29日(水)、松島チサンカントリークラブ/仙台コース(6,160Y/PAR72)で開幕となりました。この日の松島チサンCCは気温27度、湿度が高く蒸し暑い天候ですが、心配されていた降雨はなく良好なコンディションの下、ジュニア達のフレッシュな戦いが繰り広げられています。

 午後2時20分、東北各県から集まった参加者計39名が2日目の18ホールをホールアウトし、計36ホールストロークプレーを終了しました。競技の結果、最終組スタートの鶴瀬華月選手(南吉成中2年/宮城)と郡山瞳選手(寺岡中3年/宮城)が激しいデットヒートを展開。

 バックナイン1ホール目の1番ロングホールで郡山選手がバーディーとしトータル通算イーブンパーで並走。4番ホールで鶴瀬選手がボギーとし郡山選手が31ホール目にして単独トップに立ちます。

 その後も好プレーを続ける2人ですが、最終ホールで郡山選手がボギーとした結果、鶴瀬選手はこの日通算2オーバー・74。郡山選手はこの日通算1オーバー・73で両者がトータル通算1オーバー・145で並びプレーオフへ突入みました。

 プレーオフ1ホール目の仙台コース1番ロングホール。ティーショットはフェアウェイから第2打を放ち、第3打は両者共残り60Y。鶴瀬選手はグリーンカラーに運びますが、郡山選手はグリーン横のラフでこの第4打のアプローチを3Mほどオーバー。パーパットを決めることが出来ずボギー。一方、鶴瀬選手はカラーから2パットで決めてパーとし長いマッチレースに勝利。〈女子12~14歳の部〉で連覇、小学生から3連覇を飾りました。

 「手が動かないほど今日は昨日よりさらに緊張しました」。先輩たちとのラウンド。さらに前年チャンピオンの重圧に押しつぶされそうになりながらスタートした鶴瀬選手。しかし、この日も11番ショートホールでピン右奥3Mにつけこれを決めバーディーが先行してリズムに乗ります。その後2ボギーとしますが通算1オーバー・37、トータル通算イーブンパーの単独トップで折返し。

 後半1番で郡山選手がバーディーとし追いつかれますが「慌てても仕方がない。ゼロからスタートしよう」。4番ホール。自らのボギーで逆転を許してしまう鶴瀬選手。郡山選手が好プレーを続けます。その後、7番、8番とバーディーチャンスを迎えますが決めることができず「ちょっと厳しいかな」と迎えた最終9番ホールで郡山選手がボギーとしプレーオフへ。「思ったより緊張しませんでしたし、その緊張感を逆に楽しむことができました」。

 「自分のやれること、ベストを尽くすことができて良かったです。今回の優勝はいままでの中で一番うれしい」と飛び切りの笑顔で応える鶴瀬選手。「昨年の日本ジュニアでは不甲斐ない成績でしたので、今年は来年のシードが獲れるようこれから練習を積み重ねていいプレーができるよう頑張りたい」と語ってくれました。

惜しくも第2位の郡山瞳選手(寺岡中3年/宮城)が初の日本ジュニア出場を決める!

 惜しくも第2位となった郡山選手は「スタートの連続ボギー、最終ホールのボギーなど悔しいこともありますが、2日間でショートパットが結構決まってくれましたし、自分なりにいいプレーが出来たと思います。日本ジュニアは初めての参加ですがこの悔しさをバネにベスト5を狙って頑張ります」と応えてくれました。

 なお、本競技の上位2名に日本ジュニアゴルフ選手権競技への参加資格が付与されました。出場選手のご健闘をお祈り申し上げます。

(7/29 4:59)

 
(7/29 5:0)

全国大会出場を決めた2名の選手の皆さん

 

(7/29 4:58)


前半戦が終了!鶴瀬華月選手(南吉成中2年/宮城)が通算1オーバー・37
トータル通算イーブンパーの1打差トップで折返し

 東北ゴルフ連盟主催競技の第3戦、東北ジュニアゴルフ選手権競技〈女子12~14歳の部〉の最終日・第2ラウンドが、、7月29日(水)、松島チサンカントリークラブ/仙台コース(6,160Y/PAR72)で開幕となりました。この日の松島チサンCCは気温27度、湿度が高く蒸し暑い天候ですが、心配されていた降雨はなく良好なコンディションの下、ジュニア達のフレッシュな戦いが繰り広げられています。

 前半の仙台インコースを終了した時点で、前日単独トップで折返した鶴瀬華月選手(南吉成中2年/宮城)が通算1オーバー・37のトータル通算イーブンパー。同組第2位でスタートした郡山瞳選手(寺岡中3年/宮城)も通算1オーバー・37の通算1オーバーと1打差のまま後半戦へともつれ込みました。同組第3位でスタートした大須賀望選手(宮床中3年/宮城)も通算1オーバー・37でラウンドしトータル通算3オーバーでトップの鶴瀬選手と3打差ののまま後半へ。勝負の行方はまだまだわからない状況です。

(7/28 12:43)


仙台インコース10番スタート風景

ジュニア〈女子12~14歳の部〉スタートしました!

 東北ゴルフ連盟主催競技の第3戦、東北ジュニアゴルフ選手権競技〈女子12~14歳の部〉が、7月28日(木)、いよいよ開催となりました。会場の松島チサンカントリークラブ/仙台コース(6,160Y/PAR72)は、この日も降雨が気になるどんよりした曇り空ですが早朝よりスタート終了までは降雨はなく、上々のコンディションで最終日・第2ラウンドを迎えました。

 前日初日は、鶴瀬華月選手(南吉成中2年/宮城)がトータル通算1アンダー・71で単独トップ。1打差の第2位に郡山瞳選手(寺岡中3年/宮城)がトータル通算イーブンパー・72。第3位に大須賀望選手(宮床中3年/宮城)がトータル通算2オーバー・74、第4位に工藤未望選手(白山台中3年/青森)がトータル通算3オーバー・75が続いています。この最終組の戦いにも注目が集まるところですが、定刻の午前7時30分、参加者計39名が松島アウトコースから一斉にスタートしました。

 本日の成績発表は夕方の予定です。

(7/28 10:53)

 
(7/28 10:52)

2016年7月27日(水)
1Round
単独トップに立った鶴瀬選手

鶴瀬華月選手(南吉成中2年/宮城)がトータル通算1アンダー・71で単独トップ!

 東北ゴルフ連盟主催競技の第3戦、東北ジュニアゴルフ選手権競技〈女子12~14歳の部〉が、7月29日(水)、松島チサンカントリークラブ/仙台コース(6,160Y/PAR72)で開幕となりました。この日の松島チサンCCは雨予報だったものの、午後には晴れ間が差すなどプレーし易い上々のコンディションで初日・第1ラウンドが行われました。

 午後2時50分、東北各県から集まった参加者計39名(1名欠場除く)が初日の18ホールストロークプレーを終了しました。競技の結果、昨年のチャンピオンで小学生時代から2連覇中の鶴瀬華月選手(南吉成中2年/宮城)がトータル通算1アンダー・71で単独トップに立ちました。第2位に郡山瞳選手(寺岡中3年/宮城)がトータル通算イーブンパー・72。第3位に大須賀望選手(宮床中3年/宮城)がトータル通算2オーバー・74、第4位に工藤未望選手(白山台中3年/青森)がトータル通算3オーバー・75が続いています。唯一のアンダーパーをマークした鶴瀬選手が微差ながらトップとなり連覇をうかがいますが、果たして明日はどんな闘いが展開されるのか。

 練習ラウンドでも安定したゴルフ内容だったと言う鶴瀬選手。万全の調整で迎えた初日・第1ラウンドですが「自分でも驚くほど緊張していて、手が震えました」。ディフェンディングチャンピオンの重圧からか今まで味わったことのないプレッシャーとの闘い。スタートの10番ホールはボギー発進となります。しかし、その後は「パーをとって行こう」とプレーを続け、12番で第2打を1Mにつけてこれを決めバーディーとしスコアを戻します。「早めにバーディーが獲れたのが良かった」と落ち着きを取り戻した13番以降はパーセーブ。通算イーブンパー・36で折返します。

 後半はリズムよくプレーできたと言う鶴瀬選手。4番は右バンカーからの第3打を寄せきれずボギーとしますが、5番で1.5M、6番で2Mとピンに絡めて連続バーディーを奪いスコアを伸ばします。最終9番では3Mのパーパットを沈めてスコアを堅守。通算1アンダー・35、計71。参加唯一のアンダーパーをマークして単独トップで初日を終えました。

 「前半はショットが左目にいっていましたが、後半は修正できて良かったと思います。明日もすごく緊張すると思いますが去年は去年、今年は今年と割切って今日の貯金を1つでも伸ばせるようベストを尽くしたいですね」。連覇なるか。期待しましょう。

(7/27 18:16)


仙台インコーススタート風景

ジュニア〈女子12~14歳の部〉スタートしました!

 東北ゴルフ連盟主催競技の第3戦、東北ジュニアゴルフ選手権競技〈女子12~14歳の部〉が、7月27日(水)、いよいよ開催となりました。会場の松島チサンカントリークラブ/仙台コース(6,160Y/PAR72)は雨の予報でその影響が心配されましたが、早朝よりスタート終了までは降雨はなく曇り。上々のコンディションで初日・第1ラウンドを迎えました。

 定刻の午前7時30分、東北各県から集まった参加者計39名(1名欠場除く)が松島アウトコースから一斉にスタート。湿度は高めですが気温は23度とこの時期では比較的プレーい易いコンディションでのラウンドとなりました。ジュニア達のフレッシュな闘いが繰り広げられています。

 本日の成績発表は夕方の予定です。

(7/27 11:47)

 
(7/27 11:46)

Information
競技用レーティングについて
本選手権競技はスコア提出の際、トーナメントスコア対象競技となっております。

 トーナメントスコアはJGA/USGAハンディキャップインデックスを算出する際、プライベートラウンドとのスコアと区分された「トーナメントスコア」としてNEW J-sys内で扱われ、プレーヤーのIndexを低減する措置が自動的に行われることがある対象競技スコアとなります。

 また、本競技のコースレーティングおよびスロープレーティングは、既にNEW J-sysに登録されている松島チサンCC(仙台コース)のコースレーティング・スロープレーティングとは異なるため、東北ジュニア用のコースレーティングを登録してあります。NEW J-sysに競技2日間のスコアは東北ジュニア用を選択して入力してください。

     競技レーティング情報

         [男子]
    ◆コースレーティング  72.3
    ◆スロープレーティング 131

         [女子]
    ◆コースレーティング  74.3
    ◆スロープレーティング 132

【NEW J-sys登録方法】
・スコア種別は「トーナメント」を指定(競技日のみ)
 ※指定練習日は「アウェイ」としてください

(7/11 10:54)


Photo Gallery