競技規定
ローカルルール
参加者一覧
組合せ
成績
歴代優勝者
過去の記録
JGA競技
第22回 東北ジュニアゴルフ選手権競技
男子11歳以下の部
開 催 日: 7月26日(火)
開催場所: 松島チサンカントリークラブ/大郷コース
距  離:
2016年7月26日(火)
1Round
初優勝を飾った鈴木選手

鈴木雄大選手(川崎小6年/宮城)がトータル通算1オーバー・73で初優勝飾る!

 東北ジュニアゴルフ選手権競技〈男子11歳以下の部〉がいよいよスタートしました。東北各県から集まった選手の県別参加者数は青森県が1名、秋田県が1名、岩手県が3名、宮城県が19名、山形県が5名、福島県4名の合計33名(1名欠場除く)。この日の松島チサンカントリークラブ/大郷コースはスタート時は雨が降ったりやんだりと不安定な天候でしたが、その後曇りに落ち着いて夏の緑が美しい好コンディションの下、熱戦が展開されました。

 午後3時10分、参加33名全選手が18ホールストロークプレーを行いホールアウトしました。競技の結果、鈴木雄大選手(川崎小6年/宮城)がトータル通算7オーバー・79で第2位タイの渡辺大輔選手(連坊小路小6年/宮城)、菅原大喜選手(門田小6年/福島)に6打差をつけて初優勝を飾りました。

 アウト7組目スタートの鈴木選手は「ショットの調子は良いので、優勝を狙ってプレーしました」。特にドライバーショットは270Yの飛距離を武器に好プレーを展開します。ほとんどのホールでパーオン、2パットのパーセーブ。チャンスも数ホールあったと言いますが、4番、8番でボギー2つに抑えて通算2オーバー・38で折返し。「38ではスコア的に厳しい。後半はもっと攻めて行こう」。

 宣言通り10番から鈴木選手の猛チャージが始まります。10番で3M、11番で2Mを決めて2連続バーディー。続く12番ショートホールは7番アイアンでナイスショットし2Mにつけてこれを決め3連続。圧巻は13番ミドルホール。得意のドライバーショットで1オンに成功。2パットで楽々バーディーとし「ハーフで4つバーディーを獲ったことがないし、連続は生まれて初めて」と驚きの表情。14番から3パット2回を含む3連続ボギーとスコアを落としますが通算1アンダー・35、73。自己ベスト75を更新して初優勝に笑顔を見せます。

 昨年の5年生の時はベストスコアが82。「ショートアイアンを中心にたくさん練習しました」とその成果が実ってこの1年で急成長を見せた鈴木選手。「優勝できてほっとしていますが、まだ実感はわきません。全国大会は初めての出場なので上位狙って頑張ります」と語ってくれました。

 なお、上位5名が全国小学生ゴルフ大会の参加資格を得ました。参加選手の健闘をお祈り申し上げます。

(7/26 17:31)

表彰式会場風景
男子入賞の選手の皆さん
表彰式会場の選手の皆さんの表情
 
(7/26 17:19)

全国大会出場を決めた5名の選手の皆さん
 
(7/26 17:21)


TGAジュニア育成委員会渡邊委員長

東北ジュニア〈男子11歳以下の部〉スタートしました!

 東北ゴルフ連盟主催競技の第3戦、東北ジュニアゴルフ選手権競技〈男子11歳以下の部〉が7月26日(火)、開催となりました。会場の松島チサンカントリークラブ/大郷コースはスタート時は降雨があったもののその後は曇り。上々のコンディションの下、男子は33名(欠場1名除く)が参加。アウトコースからのスタートとなります。また、午前7時45分、スタート前に開始式がパッティンググリーンで参加のジュニア、父兄、関係者らが集まって行われました。

 参加者全員での挨拶の後、東北ゴルフ連盟ジュニア育成委員会渡邉馨委員長が挨拶。「ゴルフ規則書の第1章はゴルフの精神について解説されています。ゴルフは唯一レフェリーがいないスポーツなのはそれだけゴルファーは誠実であるとされているからです。皆さんもエチケット・マナーに注意しながら今日の競技でいい結果を残せるよう頑張ってください」

(7/26 12:22)

JGAジュニア普及委員会佐藤委員

 続いて(公財)日本ゴルフ協会育成・強化本部ジュニア普及委員会の佐藤利幸委員が両親をはじめゴルフや関係者への感謝を忘れないことを強調した上で「バンカー、ディボット跡をならすのはもちろん、洗面所、浴場など施設を利用したら元の通りに整頓するなど次の人が利用することを考えて行動すること。また、練習場利用やコースでの安全確認も大切です。そして健康でゴルフが続けられるよう頑張ってください」と指導しました。

 本大会の大崎喜美競技委員長は「ジュニア競技の選手には必ず所持を義務付けられている『ゴルフ規則書』『目土袋』『帽子』があります。規則書にはいかにエチケット・マナーを守る事が大切かが記されています。また、カート運転手、スコアラーなど大会関係者の皆様の感謝して、ジュニアゴルファーらしいきびきびとしたプレーを心掛けていただきたいと思います」と語られました。

 また、開始式終了後には父兄の皆様だけにお集まりいただき、渡邉委員長が父兄の皆様へのお願い事として「エチケット・マナーの徹底」「親の無用なプレッシャーがゴルフを嫌いにしてしまう」など説明。「どうかご協力いただきゴルフというスポーツを通してお子さんの成長に生かしていただきたいと思います」と結びました。

 その後、選手達は定刻の8時30分にアウトコースからスタート。本日、男子11歳以下のチャンピオンが決定します。

(7/26 12:5)

Information
競技用レーティングについて
本選手権競技はスコア提出の際、トーナメントスコア対象競技となっております。

 トーナメントスコアはJGA/USGAハンディキャップインデックスを算出する際、プライベートラウンドとのスコアと区分された「トーナメントスコア」としてNEW J-sys内で扱われ、プレーヤーのIndexを低減する措置が自動的に行われることがある対象競技スコアとなります。

 また、本競技のコースレーティングおよびスロープレーティングは、既にNEW J-sysに登録されている松島チサンCC(大郷コース)のコースレーティング・スロープレーティングとは異なるため、東北ジュニア用のコースレーティングを登録してあります。NEW J-sysに競技2日間のスコアは東北ジュニア用を選択して入力してください。

     競技レーティング情報

         [男子]
    ◆コースレーティング  67.8
    ◆スロープレーティング 119

         [女子]
    ◆コースレーティング  70.7
    ◆スロープレーティング 122

【NEW J-sys登録方法】
・スコア種別は「トーナメント」を指定(競技日のみ)
 ※指定練習日は「アウェイ」としてください

(7/11 10:56)


Photo Gallery