競技規定
ローカルルール
参加者一覧
組合せ
成績
歴代優勝者
過去の記録
JGA競技
第53回 東北倶楽部対抗競技
開 催 日: 9月6日(金)
開催場所: 秋田椿台カントリークラブ
距  離:
2019年9月6日(金)
1Round
2連覇を決めた杜の公園GC

杜の公園GCがチーム合計223の最小スコアで2連覇に輝く!

 東北ゴルフ連盟主催競技で唯一の団体戦、東北倶楽部対抗競技が9月6日(金)、10年ぶり9度目の主催競技開催となる秋田県の秋田椿台カントリークラブ(つばき・さつきコース/6,728Y/PAR72)でいよいよ開催となりました。参加倶楽部増に伴い昨年度より単独開催となり、男子は参加32倶楽部とさらに2倶楽部増の計128名の選手達を迎え入れ、好天と絶好のコンディションの下、熱戦が展開されました。

 午後3時過ぎ、参加者全員がホールアウトした競技の結果、杜の公園ゴルフクラブが上位3名の合計スコア223で大会2連覇を達成しました。栗駒ゴルフ倶楽部が合計227で第2位、合計231で並んだローズランドカントリークラブ、泉国際ゴルフ倶楽部は4人目の選手の差で第3位、第4位と続き、合計234で第5位の松島チサンカントリークラブまでが入賞を果たしました。

 見事2連覇を決めた杜の公園GCは沼田光樹選手が70、菅原正彦選手が71、大場吉彦選手が82、伊藤直人選手が86の上位3名の合計スコア223で第2位に4打差の快勝。沼田選手、菅原選手の両エースがアンダーパーでチームを引っ張りその強さを見せました。チーム合計223は4人制となった2012年以来、昨年同チームが出した226の最小スコアタイ記録を3打更新する新記録樹立となりました。

 森育夫キャプテンは「県大会は同スコアながら2位でしたので、東北大会では優勝、連覇しリベンジしようと狙っていました。沼田、菅原の強すぎる2人がうちにはいるので、3人目が82、3なら順当だろうと作戦を立て、予定していた通りの内容で連覇を果たすことができました。これで来年のシードが確保でき宮城県枠が1つ増えるので他クラブにも喜ばれています」と笑顔で応えてくれました。

 佐藤壮士支配人は「今回も予定通りでした(笑)。沼田選手、菅原選手のダブルエースを筆頭に各選手が個々の役割をきっちり果たしてくれました。2連覇できてとても光栄ですしうれしく思います」と結びました。

栗駒GCがチーム合計227で第2位!

 優勝3回と優勝回数で第3位タイの栗駒GCは髙橋靖朋選手が73、高橋禎朋選手が77、伊藤久哉選手が83、千田直選手が77と各選手が安定したスコアをマーク。上位3名の合計スコア227で第2位に輝きました。数年前までは優勝スコアとなる好スコアですが常勝、杜の公園GCに3打及びませんでした。鈴木祥憲キャプテンは「体調不良の選手がいたりとても厳しい闘いとなりましたが、各選手の責任感の強さもあって久しぶりの上位入賞を果たせました」と応えてくれました。

ローズランドCCはチーム合計231で第3位!

 ローズランドCCは小泉徹選手が78、齊藤剛選手が76、工藤悟選手が79、佐藤明利選手が77と全選手がスコア70台をマークする抜群の安定度で上位3名の合計スコア231。第3位入賞を果たしました。県大会では過去5年で4勝とその強さを見せるローズランドCCですが、東北大会では未勝利。齋藤富夫キャプテンは「もう少し上を目指していましたがこのスコアで3位なら順当でしょうか。来年も頑張りたい」。

(9/6 20:16)

第2位の栗駒GC
第3位のローズランドCC
表彰式会場の模様
 
(9/6 20:13)

初のメダリストに輝いた沼田選手

沼田光樹選手(杜の公園)がトータル通算2アンダー・70で初メダリスト!

 先週、宮城県ミッドアマで3連覇V5とこのクラスで宮城県内では敵なしの沼田光樹選手(杜の公園)がこの日も絶好調。トータル通算2アンダー・70で初のメダリストに輝きました。アウト2番ミドルで3パットのボギーが先行しますが、続く3番ショートでグリーンカラーから9Mのロングパットを決めてバーディーとしすぐにスコアを戻します。6番で2Mを決め2つ目のバーディー。ほか1ボギーで通算イーブンパー・36で折返し。

 後半は出だしの10番ミドルで狙うならそこしかない手前3Mにつけてバーディースタート。続く11番ロングは第2打をグリーン手間20Yまで運び1Mに寄せて連続バーディーとスコアを伸ばします。その後は手堅くパーを重ねノーボギーの通算2アンダー・34、計70。最終ホールでは3Mのしびれるパーパットを決めてのノーボギーなど、最近は後半にスコアを伸ばすパターンに見事今回もはまってアンダーパーをマーク。初のメダリストに輝きチームの連覇に貢献しました。

 ことしこのクラスでは唯一の日本アマ出場を果たし、以降技術的にも精神的にも成長著しい沼田選手。「良いスコアであがらなければならないプレッシャーもありますが、リズムもバランスも噛み合っていいゴルフができました。この結果は自信になります。このまま来月の東北ミッドアマにつなげたい」と応えてくれました。期待しましょう。

(9/7 11:19)


アウト1番ティーのスタート風景

倶楽部対抗いよいよスタート!

 東北ゴルフ連盟主催競技で唯一の団体戦、東北倶楽部対抗競技が9月6日(金)、秋田県の秋田椿台カントリークラブ(6,728Y/PAR72)でいよいよ開催となりました。ことしは秋田県で2度目の主催競技開催となり、秋田椿台CCでは10年ぶり9回目と、数々の闘いが繰り広げられました。ことしはどんな闘いが展開されるのか。

 2012年より男女併催となった倶楽部対抗ですが参加倶楽部増もあって昨年度より単独開催となり、男子は参加32倶楽部とさらに2倶楽部増の計128名の選手達を迎え入れました。この日の秋田椿台CCは早朝から初秋の穏やかな好天に恵まれ、上々のコンディション。午前7時30分よりアウト、インに分かれて一斉にスタートしました。

 過去の優勝回数を見ると山形県の天童カントリークラブが8回でトップ。宮城県の表蔵王国際ゴルフクラブが6回、岩手の南部富士カントリークラブが5回と続いています。果たしてどの倶楽部の頭上に栄冠が輝くのか?成績発表は夕方の予定です。お楽しみに。

(9/6 10:30)

イン10番ティー後方より
アウト1番フェアウェイのプレー風景
イン14番グリーンのプレー風景
 
(9/6 10:28)

2019年7月29日(月)
Information

東北倶楽部対抗競技における競技前日の指定練習日について

 競技前日(9/5)の指定練習日については、各クラブ1組とし、下記に指定する時間でのスタート時刻となります。
 スタート時刻の変更は認められませんので予めご了承願います。
 なお参加倶楽部におかれましては、必ず、開催コースに予約の申込をお願いします。前日練習をしない場合は、キャンセルの連絡をお願いします。

 また、前日の練習ラウンドは選手のみとなります。キャプテンはカートに乗車し、同行することは可能です。
 前日以外の指定練習日については、これまで通りとなります。

2019年度 東北倶楽部対抗競技指定練習日(9/5)スタート表

OUT
時刻 クラブ名
1 7:30 ノースハンプトン
2 7:37 秋田森岳
3 7:45 能代
4 7:52 青森
5 8:00 栗駒
6 8:07 八幡平
7 8:15 ローズランド
8 8:22 さくらんぼ
9 8:30 杜の公園(前年優勝)
10 8:37 表蔵王国際
11 8:45 富谷
12 8:52 泉国際
13 9:00 杜の都
14 9:07 棚倉田舎
15 9:15 グリーンアカデミー
16 9:23 郡山
IN
時刻 クラブ名
17 7:30 南秋田
18 7:37 羽後
19 7:45 びわの平
20 7:52 八戸
21 8:00 一関
22 8:07 宮古
23 8:15 山形南
24 8:22 ニューブラッサム
25 8:30 花の杜
26 8:37 宮城野
27 8:45 松島チサン
28 8:52 松島国際
29 9:00 宇津峰
30 9:07 会津磐梯
31 9:15 安達太良
32 9:23 パーシモン
(8/20 9:33)


エントリー受付開始

2019年度(第18回)東北倶楽部対抗競技のエントリーの受付を開始いたしました。予選通過倶楽部及びシード倶楽部におかれましては、競技規定をご確認のうえ登録をお願い申し上げます。

エントリー受付期間:8/6(火)10:00 ~ 8/15(木)17:00まで

(8/19 10:13)


競技用レートについて
本競技のスコアは、JGA/USGAハンディキャップインデックスを算出する際、プライベートラウンドのスコアと区別された「トーナメントスコア」としてNEW J-sys内で扱われ、プレーヤーのIndexを低減する措置が自動的に行われることがある対象競技スコアとなります。

本年度より、本競技の競技当日のスコアは当連盟で一括してNEW J-sysに登録いたしますので、プレーヤーもしくは所属クラブで登録されないよう、ご注意願います。

なお、練習ラウンド時のスコアはこれまで通りプレーヤーまたは所属クラブでNEW J-sysにご登録ください。

東北シ倶楽部対抗競技 競技レーティング情報

◆コースレーティング   71.7

◆スロープレーティング  129

[練習ラウンドスコアのNEW J-sys登録情報]

・「倶楽部・コースを直接入力する」から登録

・スコア種別は「プライベート」を指定

(8/19 10:9)


2019年度東北倶楽部対抗競技の各県割当数が下記の通り決定いたしました。

東北倶楽部対抗(当年度予選参加者倶楽部数割70%+加盟倶楽部数割30%)

  青森 秋田 岩手 宮城 山形 福島 合計
予選参加倶楽部数 11 14 18 25 10 21 99
加盟倶楽部数(2019.7.1現在) 11 14 18 27 10 26 106
2019年度県割当数 3 4 5 8 3 7 30
開催県枠   1          
(8/19 10:12)

Photo Gallery