競技規定
ローカルルール
参加者一覧
組合せ
成績
歴代優勝者
過去の記録
JGA競技
第14回 東北女子倶楽部対抗競技
開 催 日: 9月11日(木)
開催場所: グランディ那須白河ゴルフクラブ/EAST/SOUTH
美しいベント芝のフェアウェイが広がる戦略的なチャンピオンコース。巨匠ロバート・トレント・ジョーンズ・シニアが設計した日本で唯一のゴルフコース。
距  離:
2014年9月11日(木)
1Round
2年ぶり3度目の優勝を飾った栗駒GC

栗駒ゴルフ倶楽部がチームトータル253で2年ぶり3度目の優勝!

 東北ゴルフ連盟主催競技、女子唯一の団体戦、東北倶楽部対抗競技がいよいよ開催となり、12倶楽部、48名が参加。男女併催となって今年で3年目を迎え合計36倶楽部144名が一同に会して賑やかに行われました。

 心配されていた降雨もなく終日曇り、上々のコンディションでスタートした女子倶楽部対抗。午後3時30分、雷の影響で荒天時対応の適用を余儀なくされた男子よりも約30分早く参加者全員がホールアウトしました。

 男子よりもたった30分早いホールアウトで参加48名全員での競技成立となった女子倶楽部対抗は、栗駒ゴルフ倶楽部がチームトータル253で第2位に13打差をつける快勝。2位との差で歴代1位タイの記録で2年ぶり3度目の栄冠に輝きました。菊池るみ子選手が79(41・38)、海保真美選手が85(43・42)、阿部恵美選手が89(44・45)、照井千都子選手が109(53・56)のチーム上位3名の合計253。難コースを相手に1人平均84.3ストロークで優勝につなげました。

 同倶楽部の監督・高橋宏哉代表取締役社長は「前社長逝去後初めての参加でしたので、上位に入れればと思っていましたが、選手全員が頑張ってくれたおかげで優勝することができました。大変うれしいです。来年も連覇を果たせるよう頑張りたい」と語ってくれました。また工藤牧子キャプテンは「厳しい闘いの中でまさかの優勝。選手全員がポジティブ思考で飛ばし屋揃いなので、長いコースは有利だったのかもしれません。岩手県に優勝旗を持ち帰ることができて光栄ですし、本当にうれしいですね」と笑顔を見せてくれました。

 第2位に入った青森カントリー倶楽部は小川玲子選手が87(43・44)、山科美奈子選手が83(40・43)、和田裕子選手が98(50・48)、吉永香織選手が96(48・48)チーム上位3名の合計266。小倉英章キャプテンは「初出場の選手が2名のチーム編成となりましたが、みんな頑張って2位入賞できたと思います。いい緊張感の中でプレーできたことは大きな経験になると思うので来年もまた出場できるよう頑張りたい」と語ってくれました。

 続くグリーンアカデミーカントリークラブは八巻和子選手が83(40・43)、古川邦江選手が87(43・44)、村岡千江子選手が97(47・50)、武藤かおり選手が112(56・56)のチーム合計267で男子と共に第3位入賞を果たしました。

メダリストはトータル通算7オーバー・79で菊池るみ子(栗駒)選手、山口梓(金ヶ崎)選手が輝く!

 東北大会2度目のメダリスト受賞となる菊池るみ子(栗駒)選手。前半は難グリーンに手こずり3パット3回が悔やまれますが、ドライバーショット、アイアンショットとも好調。「練習ラウンドでなかなかスコアメイクできなかったのでコースに負けないプレーできました」。粘りのゴルフで前半は通算2オーバーの38。後半は3番のトリプルボギーが響いて通算5オーバー・41、計79。チーム優勝に貢献し自身2度目メダリストに笑顔を見せてくれました。

 インコーススタートの山口梓(金ヶ崎)選手はドライバーショット、アプローチ、パッティングが噛み合ってバランスのいいゴルフを展開。3番、4番で2バーディーを奪い他1ボギーの通算1アンダー・35で折り返します。後半に入ってドライバーショットが左右にブレはじめ、結局最後まで修復することができずスコアを落として通算8オーバー・44、計79。所属の金ヶ崎ゴルフコースは今年初めて県予選を突破し、山口選手自身東北大会初出場。初のメダリスト受賞に笑顔を見せます。「個人戦とは違い選手1人1人に緊張感があってとても楽しくプレーすることができました」と語ってくれました

(9/11 22:45)

第2位入賞の青森CC
第3位入賞のグリーンアカデミーCC
メダリストの菊池選手(左)と山口選手
 
(9/11 22:44)


インコース18番ホールのプレー風景

女子倶楽部対抗いよいよスタート!

 東北ゴルフ連盟主催競技で唯一の団体戦・東北女子倶楽部対抗競技が9月11日(木)、いよいよ開催しました。会場のグランディ那須白河ゴルフクラブ(EAST・SOUTHコース/5,821Y/PAR72)は上々のコンディションで各県予選を通過した参加12倶楽部、48名の選手達を迎えました。この日は局地的に集中豪雨があるなど全国的な雨で天候が心配されましたが、グランディ那須白河GCは曇り。最高気温20度と選手達にとってはプレーしやすい天候に恵まれ、午前7時30分よりインコースからスタートしました。

 過去の優勝回数を見ると宮城県の松島国際カントリークラブが5回がトップ。青森県の青森ロイヤルゴルフクラブ3回、仙台空港カントリークラブ、栗駒ゴルフ倶楽部が2回と続いています。果たしてどの倶楽部の頭上に栄冠が輝くのか?成績発表は夕方の予定です。お楽しみに。

(9/11 22:44)

2014年7月28日(月)
Information
練習ラウンドする選手達

女子倶楽部対抗が明日いよいよ開催!

 東北ゴルフ連盟主催競技、唯一の団体戦(参加4名中上位3名の合計スコアによる)東北女子倶楽部対抗競技が明日9月11日(木)、開催となります。会場のグランディ那須白河ゴルフクラブは上々のコンディションで選手達を迎え、前日は練習ラウンドで最終調整を行っているようです。

 明日いよいよ開催の女子倶楽部対抗。果たしてどの倶楽部の頭上に栄冠が輝くのか?



(9/10 17:45)


東北女子倶楽部対抗 競技用コースレーティングについて

 本選手権競技はスコア提出の際、トーナメントスコア対象競技となっております。

 トーナメントスコアはJGA/USGAハンディキャップインデックスを算出する際、プライベートラウンドとのスコアと区分された「トーナメントスコア」としてNEW J-sys内で扱われ、プレーヤーのIndexを低減する措置が自動的に行われることがある対象競技スコアとなります。

 また、本競技のコースレーティングおよびスロープレーティングは、既にNEW J-sysに登録されているグランディ那須白河GCのコースレーティング・スロープレーティングとは異なるため、スコア登録の際は以下のコースレーティグ情報を使用して入力願います。

東北女子倶楽部対抗 競技レーティング情報
   ◆コースレーティング  73.7
   ◆スロープレーティング 130

【NEW J-sys登録方法】
・スコア種別は「トーナメント」を指定(競技日のみ)
 ※指定練習日は「アウェイ」としてください

(9/4 13:47)


 2014年度(第14回)東北女子倶楽部対抗権競技の各県出場倶楽部が下記の通り決定いたしました。
 出場倶楽部のご検討をお祈り申し上げます。

☆東北女子倶楽部対抗出場倶楽部
 開催日:9月11日(木)
 開催場所:グランディ那須白河ゴルフクラブ/EAST/SOUTH

県   別 倶楽部名

青森県
(2チーム)
青森カントリー倶楽部
青森ロイヤルゴルフクラブ

秋田県
(1チーム)
秋田椿台カントリークラブ

岩手県
(3チーム)
盛岡カントリークラブ
栗駒ゴルフ倶楽部
金ヶ崎ゴルフコース

宮城県
(1チーム)
西仙台カントリークラブ

山形県
(1チーム)
山形南カントリークラブ

福島県
(3チーム+
開催県1チーム)
パーシモンカントリークラブ
グリーンアカデミーカントリークラブ
サラブレッドカントリークラブ
セベ・バレステロスゴルフクラブ泉コース
合   計 12倶楽部
(8/11 11:54)


2014年度(第14回)東北女子倶楽部対抗競技の各県割当数が下記の通り決定いたしました。

東北女子倶楽部対抗(当年度予選参加者倶楽部数割100%)

  青森 秋田 岩手 宮城 山形 福島 合計
予選参加倶楽部数 9 7 13 7 7 12 55
2014年度各県割当数 2 1 3 1 1 3 11
開催県枠           1  
(7/28 19:15)

Photo Gallery