競技規定
ローカルルール
参加者一覧
組合せ
成績
歴代優勝者
過去の記録
JGA競技
第16回 東北女子倶楽部対抗競技
開 催 日: 9月21日(水)
開催場所: 東奥カントリークラブ
距  離:
2016年9月21日(水)
1Round
初優勝を飾った盛岡ハイランドCC

盛岡ハイランドカントリークラブが253で初優勝飾る!

 女子唯一の団体戦、東北倶楽部対抗競技は、12倶楽部、48名が参加し、一昨年度から男女併催となって合計36倶楽部、144名が青森県の東奥カントリークラブ(女子:5,923Y/PAR72)に一同に会して賑やかに行われ、午後2時30分、参加全選手がホールアウトしました。後半から吹いた風の読みと固くて速いグリーンに苦戦しスコアメイクに苦しんだようです。

 競技の結果、盛岡ハイランドカントリークラブが上位3名の合計スコア253で初優勝を飾りました。第2位には開催コースの東奥カントリークラブが254と1打及ばず第2位。第3位には昨年の優勝チーム秋田椿台カントリークラブが、第4位に仙台空港カントリークラブがともに256で続き、第5位に258でサラブレッドカントリークラブが入賞を果たしました。

 初優勝を飾った盛岡ハイランドCCは清水真知子選手が94、藤田美穂選手が83、西舘文子選手が86、田中千聡選手が83の上位3名の合計スコア253。同倶楽部の吉田支配人は「本当にびっくりしています。選手たちが良く頑張ってくれました。チーム力の勝利ですね」と驚きの表情。また山田治美キャプテンは「補欠のベテランの選手たちも含めてホールの攻め方などをアドバイスしあったり作戦を立て、また、このコースはスコアが出にくいのでとにかく最後まであきらめずに1打1打を大切にプレーしようとプレーを心掛けた結果が出ました。このチームのキャプテンを務めることができて幸せです」と喜びを語ってくれました。

 東奥CCは今淑江選手が80、林ちか子選手が85、高松眞理子選手が89、鈴木佳代子選手が103の上位3名の合計254で、優勝の盛岡ハイランドCCに1打及ばなかったものの、メダリストの今選手の活躍もあって第2位入賞を決めました。同倶楽部の竹浪支配人は「ホームコースの利もあったと思いますが、ゴルフはその日のコンディションによって左右されるものです。とにかく選手たちが良く頑張ってくれましたし、努力の成果だと思います」と語ってくれました。

メダリストにはトータル通算8オーバー・80で
今淑江選手(東奥)、大和静佳選手(さくらんぼ)が輝く!

 メダリストには地元青森県で開催倶楽部の今淑江選手(東奥)、山形県の大和静佳選手(さくらんぼ)がトータル通算8オーバー・80で共に初受賞となりました。ホームコースの今選手はインコース出だしの10番で5Mを決めてバーディースタートを決めるも「ドライバーショットが不安定で苦しい展開でした。アプローチが良かったのでなんとかしのいでいけました」。前半は4ボギー、1ダブルボギーで通算5オーバー・41で折返し。

 後半に入ってドライバーショットは復調しますが、風の影響もあってセカンドショットで苦労する今選手。6番まで4ボギーと攻めきれません。しかし、続く7番で4Mを決めバーディー。8番ショートホールでは6番アイアンでナイスショット。ピン1.5Mにつけて連続バーディーを奪ってスコアを戻します。最終ホールはボギーとしますが、後半は通算3オーバー・39、計80。「ゴルフ内容はすっきりしないものがありますが、ホームコースでの開催で結果、メダリストを獲得できて良かったと思います」と笑顔を見せてくれました。

 今選手とメダリスト同時受賞となった大和選手はドライバーショットはまずまずもセカンドショットが不調でなかなかパーオンできずスコアメイクに苦労します。それでもアプローチが冴えて12番までパーセーブ。その後は3ボギー、1ダブルボギーで通算5オーバー・41。「あまり調子も良くなく、難しいピン位置でしたしたので41はまずまず良かった」と後半へ折返します。

 後半に入ってセカンドショットも好調に。大叩きせず悪くてもボギーに抑える堅実なゴルフで8番まで4ボギーと耐えるゴルフを見せます。最終9番ホールは残り170Yの第3打をナイスショット。グリーン手前から3Mに寄せて初バーディーを奪いフィニッシュ。通算3オーバー・39、計80。「前日の練習ラウンドではパッティングが全然ダメでスコアになりませんでした。今日はショットもパッティングも予想より良いゴルフができたので良かったです」と初の栄冠に喜びの表情を見せていました。

(9/21 20:48)

メダリストに輝いた今選手(左)と大和選手
第2位入賞を果たした東奥CC
第3位入賞を果たした秋田椿台CC
 
(9/21 20:49)


インコース10番ホールのプレー風景

女子倶楽部対抗いよいよスタート!

 東北ゴルフ連盟主催競技で唯一の団体戦・東北女子倶楽部対抗競技が9月21日(水)、いよいよ開催しました。会場の東奥カントリークラブ(5,923Y/PAR72)は上々のコンディションで各県予選を通過した参加12倶楽部、48名の選手達を迎えました。

 連盟主催競技は荒天の影響で先月のシニアで2日目が中止、TGAフェスティバルは台風の影響で中止、競技不成立となり悪天候が続いていましたが、この日の東奥CCは早朝から好天に恵まれ、上々のコンディション。午前7時30分よりアウト、インに分かれて一斉にスタートしました。

 過去の優勝回数を見ると今大会県予選不通過ですが、宮城県の松島国際カントリークラブが5回でトップ。青森県の青森ロイヤルゴルフクラブ3回と続いています。県予選通過し本大会出場チームでは仙台空港カントリークラブ、栗駒ゴルフ倶楽部が2回と続いています。果たしてどの倶楽部の頭上に栄冠が輝くのか。成績発表は夕方の予定です。お楽しみに。

(9/21 13:9)

10番ホールをスタートする選手たち
パッティンググリーンの練習風景
インコース15番のプレー風景
 
(9/21 11:23)

2016年7月26日(火)
Information
東北女子倶楽部対抗 競技用レーティングについて

本競技のスコアは、JGA/USGAハンディキャップインデックスを算出する際、プライベートラウンドのスコアと区別された「トーナメントスコア」としてNEW J-sys内で扱われ、プレーヤーのIndexを低減する措置が自動的に行われることがある対象競技スコアとなります。

本年度より、本競技の競技当日のスコアは当連盟で一括してNEW J-sysに登録いたしますので、プレーヤーもしくは所属クラブで登録されないよう、ご注意願います。

なお、練習ラウンド時のスコアはこれまで通りプレーヤーまたは所属クラブでNEW J-sysにご登録ください。

東北女子倶楽部対抗競技 競技レーティング情報

 ◆コースレーティング   72.8

 ◆スロープレーティング  129

[練習ラウンドスコアのNEW J-sys登録情報]

・「倶楽部・コースを直接入力する」から登録

・スコア種別は「プライベート」を指定

(9/8 9:37)


女子倶楽部対抗競技エントリー受付開始

東北女子倶楽部対抗競技のエントリーの受付を開始致しました。各県予選通過の倶楽部におかれましては、締切日までに登録及び参加料の振込をお願い致します。

申込締切:8月19日(金)午後5時

なお、本競技は、団体戦のため荒天時対応を採用しております。エントリー登録時には必ずスタート順位を確認のうえ、お願い致します。

荒天時対応についてはこちら

スタート順位についてはこちら

(8/6 14:12)


 2016年度(第16回)東北女子倶楽部対抗権競技の各県出場倶楽部が下記の通り決定いたしました。
 出場倶楽部のご検討をお祈り申し上げます。

☆東北女子倶楽部対抗出場倶楽部
 開催日:9月21日(水)
 開催場所:東奥カントリークラブ

県別 クラブ名
青森県
(1チーム+開催県枠)
八戸カントリークラブ
東奥カントリークラブ
秋田県
(2チーム)
秋田椿台カントリークラブ
秋田カントリー倶楽部
岩手県
(2チーム)
盛岡ハイランドカントリークラブ
栗駒ゴルフ倶楽部
宮城県
(2チーム)
グレート仙台カントリー倶楽部
仙台空港カントリークラブ
山形県
(1チーム)
さくらんぼカントリークラブ
福島県
(3チーム)
サラブレッドカントリークラブ
パーシモンカントリークラブ
セベ・バレステロスゴルフクラブ泉コース
合計 12クラブ
(8/6 14:21)


2016年度東北女子倶楽部対抗競技の各県割当数が下記の通り決定いたしました。

東北女子倶楽部対抗(当年度予選参加者倶楽部数割100%)
  青森 秋田 岩手 宮城 山形 福島 合計
予選参加倶楽部数 6 8 11 7 6 13 51
2016年度各県割当数 1 2 2 2 1 3 11
開催県枠 1            
(7/26 13:11)

Photo Gallery