競技規定
ローカルルール
参加者一覧
組合せ
成績
歴代優勝者
過去の記録
JGA競技
第37回 東北シニアゴルフ選手権競技
開 催 日: 8月27日(水)~8月28日(木)
開催場所: 仙台カントリー倶楽部
距  離:
2014年8月28日(木)
2Round

 2014年度(第37回)東北シニアゴルフ選手権競技の最終日・第2ラウンドが8月28日(木)に行われ、早朝からの降雨は昼前には上がり曇りとなってコンディションも上々の中、午後3時20分、参加した122名(棄権7名除く)がホールアウト。2日間、計36ホールストロークプレーが無事終了しました。

 競技の結果、前日トップタイで最終組スタートの大友富雄(表蔵王国際)選手が後半に入っても堅実なゴルフを展開し通算イーブンパー・36、計69のベストスコアタイをマークし、トータル通算4アンダー・140でトップの座を一度も譲ることなく初の栄冠に輝きました。最終1組前スタートで前半好調の高橋功(南岩手)選手は後半通算イーブンパー・36にまとめ、大友選手と共にこの日のベストスコア69、トータル通算1アンダー・143で単独2位入賞。

 第3位にはこの日通算イーブンパー・72、トータル通算3オーバー・147で久保木典美(棚倉田舎)選手が入りました。また、前日トップタイで最終組スタートの熊谷春彦(八幡平)選手は前半通算1アンダー・35の好プレーを展開しましたが、後半スコアを落としてこの日77、トータル通算4オーバー・148で、この日トータル通算イーブンパー・72の田代裕一(びわの平)選手、この日トータル通算3オーバー・75の雛鶴秋四郎(安比高原)選手と共に第4位タイで入賞を果たしました。

(8/28 19:45)

初優勝を決めた大友選手

大友富雄(表蔵王国際)選手が通算4アンダー・140で初優勝飾る!

 初日通算1アンダー・71で快調な滑り出しを見せた大友選手は、この日も2番ロングホールで4Mを決めてバーディーが先行する絶好のスタートを切ります。同じく最終組でスタートした熊谷選手も大友選手に大きく離されることなく粘りのゴルフでパーセーブを続け、好ゲームが展開されました。「熊谷選手も良いゴルフをしていたので、いい緊張感の中プレーすることができました」。

 その後、5番で60cm、6番で3M、8番で1Mを決めてバーディーとし7番のボギー1つに抑えて通算3アンダー・33、トータル通算4アンダーで折り返し。、ショートゲームが冴え、パッティングがかみ合って前半だけで4バーディーを奪い熊谷選手を引き離します。

 後半に入っても安定したゴルフを展開する大友選手に対して熊谷選手は12番のダブルボギー以降スコアを落とし、大友選手が優位にゲームを進めます。13番のボギー1つに抑えて迎えた最終18番ロングホール。最終1組前の高橋選手がトータル通算1アンダーでラウンドしていましたが、第3打を3Mにつけて「これで勝負がついたかな」。優勝を確信したところでこれを決めバーディーフィニッシュ。通算イーブンパー・36、計69、トータル通算4アンダー・140で初の栄冠に輝きました。

 今大会は地元・仙台カントリー倶楽部での開催と言うこともあり、その練習量も調整も万全で挑んだとい大友選手。「多くの方々の協力していただき、その期待も大きく、自分にもかなりのプレッシャーをかけてプレーしました。うれしいと言うよりは『ホッとした』というのが実感ですね」。2日間共アンダーパーでラウンドしたのはもちろん大友選手ただ一人で、合計9バーディーも最多。費やした練習量がその結果につながり「この優勝には価値がある」と納得の表情を見せます。

 宮城県、東北と優勝を決め次の目標は当然、全国。初出場の昨年は23位タイと悔いが残る結果となりましたが「今年はやりますよ」。大友選手の活躍に期待しましょう。

(8/28 19:47)

単独2位入賞の高橋選手
単独3位入賞の久保木選手
全国大会出場を決めた6名の選手の皆さん
 
(8/28 19:43)

高橋功(南岩手)選手がこの日69、トータル通算1アンダー・143で単独2位
久保木典美(棚倉田舎)選手がトータル通算3オーバー・147で単独3位

 最終1組前でスタートした高橋功(南岩手)選手がこの日のベストスコアタイとなる通算3アンダー・69の好スコアをマークして逆転の単独2位に入りました。2番ロングホールで1Mを決めバーディーが先行。前半は1度もフェアウェイを外すことのない完璧なティーショットでゲームを組み立て、セカンドショット、パッティングも噛み合って4番で2M、4番で2Mとスコアを伸ばし通算3アンダー・33で折返し。

 後半に入ってラフに入れた10番、15番の2ホールでボギーとしますが、13番で3M、17番で2.5Mを決めてバーディーとし通算イーブンパー・36、計69、トータル通算1アンダー・143。「ショットはもちろん、グリーンにも対応できてパッティングも良かったですし、このスコアなら上出来です」。2年連続での全国大会出場を決め「まずは予選通過が目標。ベストを尽くしたいです」と語ってくれました。

 この日通算イーブンパー・72、トータル通算3オーバー・147で逆転の単独3位に入った久保木典美(棚倉田舎)選手も好プレーを見せ2年連続の全国大会出場を決めました。この日は3バーディー・3ボギーと久保木選手の持ち味でもある手堅いゴルフを展開。「2日目は粘りあるゴルフができたかなと思います。昨年の全国大会では3日目に崩れてしまったので、今年は上位に入れるよう頑張りたいですね」と語ってくれました。

 なお、本競技の上位6名が日本シニアゴルフ選手権競技への参加資格を得られました。出場選手のご健闘をお祈り申し上げます。

(8/28 19:41)


フロントナインが終了。大友富雄(表蔵王国際)選手が通算4アンダーの単独トップで折返し

 2014年度(第37回)東北シニアゴルフ選手権競技の最終日・第2ラウンドを迎え、参加者122名がアウト、インコースより分かれてスタートしました。12時20分、最終組が前半のアウトコースを終了。後半のバックナインへ入りました。

 前半戦が終了した時点で、前日単独トップでスタートした大友富雄(表蔵王国際)選手がこの日通算3アンダー・33、トータル通算4アンダーとスコアを伸ばし単独トップで折返しました。大友選手とトップタイでスタートした熊谷春彦(八幡平)選手は前半を通算1アンダー・35、トータル通算2アンダーで単独2位で折返しその差2打を追いかけます。

 最終1組前でスタートした高橋功(南岩手)選手も好調。前半を通算3アンダー・33、トータル通算1アンダーとスコアを伸ばして単独3位で後半へ向いました。最終組スタートで一昨年のチャンピオン、雛鶴秋四郎(安比高原)選手は通算1アンダー・35、トータル通算イーブンパーとスコアを戻し単独4位で折返しました。上位陣はいずれもアンダーパーをマークする好ゲームが展開されていますが、大友選手が一歩リードしバックナインに入りました。初優勝なるか?果たして後半戦はどんな闘いが繰り広げられるのか?

(8/28 14:16)


パッティンググリーンの練習風景

シニア最終日・第2ラウンドがスタート!

 東北シニアゴルフ選手権競技の最終日・第2ラウンドが8月28日(木)、開催しました。会場の仙台カントリー倶楽部は早朝より降雨となり難しいコンディションの中、最終日を迎えました。参加した122名(棄権7名除く)はアウト、インから分かれて一斉にスタートし、最終日の18ホールをプレー中です。

 果たして誰の頭上に栄冠が輝くのか?
 東北シニアチャンピオン決定は本日夕方の発表となります。お楽しみに。


(8/28 10:30)

2014年8月27日(水)
1Round

熊谷春彦(八幡平)選手、大友富雄(表蔵王国際)選手がトータル通算1アンダー・71でトップ並走!

 2014年度(第37回)東北シニアゴルフ選手権競技の初日・第1ラウンドが8月27日(水)に行われました。参加者129名(欠場8名を除く)がアウト、インコースより分かれてスタートしました。午後4時、参加全選手がホールアウトし、初日の18ホールストロークプレーが終了しました。この日の仙台カントリー倶楽部は朝のスタート時は曇りでしたが、昼前から降雨となり深いラフと難グリーンで各選手ともスコアメイクに苦しんでいるようです。

 競技の結果、熊谷春彦(八幡平)選手と、大友富雄(表蔵王国際)選手が共にトータル通算1アンダー・71の好スコアでトップタイに並んでいます。単独2位にトータル通算イーブンパー・72で沼田浩伺(棚倉田舎)選手が続き、第3位に一昨年のチャンピオン、雛鶴秋四郎(安比高原)選手がトータル通算1オーバー・73で続いいます。明日の最終組はこの上位4名でどんな闘いが展開されるのか?

(8/28 4:51)

トップタイに立った熊谷選手

 今年からシニア競技に参戦し東北シニア初出場の熊谷春彦(八幡平)選手はインコーススタート。「練習ラウンドにもこれなかったのでパー狙いを心掛けてプレーしました」。11番でボギーが先行しますが14番ショートホールで8番アイアンでナイスショット。5Mを決めて初バーディーを奪いスコアを戻します。15番ボギー、18番ロングホールで5Mを決めて通算イーブンパー・36で折り返します。

 ショットはそれほど良くなかったというもののアプローチとパッティングが冴えてスコアメイクする熊谷選手。アウト1番ホールでは第2打を1.5Mにピタリとつけて後半のスタートホールでバーディーを奪いスコアを伸ばします。その後は堅実なゴルフを展開してパーセーブを続け通算1アンダー・35、計71。好スコアに納得の表情を見せます。「初めてのコースですし70台でラウンドできればと、欲張らないでプレーしたのがいい結果につながったと思います。明日もパー狙いでプレーしたいですね」と笑顔を見せてくれました。

(8/27 16:19)

トップタイに立った大友選手

 熊谷選手と共にトータル通算1アンダー・71のトップタイで第1ラウンドを終えた大友富雄(表蔵王国際)選手はアウトコーススタート。最近、ドライバーショットが左に曲がるダックフックに悩まされて、この日もフェアウェイキープが4ホールだけとスコアメイクに苦労します。それでもこの日は2番ロングホールで5Mを決めバーディーが先行する幸先の良いスタートを切ります。4番でボギーとしますが、8番ロングホールの第3打をピン右1Mにつけるスーパーショットを見せてこれを決めバーディーとし通算1アンダー・35で折返します。

 後半に入ってドライバーショットのミスで10番から連続ボギーとスコアを落としますが、12番で2M、13番2Mを決めて連続バーディーとし再びスコアを戻すとその後は手堅くパーセーブを続け通算イーブンパー・36、計71。「嫌な距離のパッティングが結構入ってくれました。ドライバーショットに不安が残りますが、初日このスコアなら上出来です。明日の目標はやはり優勝ですが全国大会への出場権もあるので慎重にプレーしたい」と笑顔を見せてくれました。

(8/27 16:18)

ホールインワンを達成した村山選手

村山義裕(一関)選手がエース達成!

 インコース17番ショートホール(152Y/PAR3)で村山義裕(一関)選手がホールインワンを達成しました。145Yを見て8番アイアンを手にした村山選手。同伴競技者が左の傾斜を利用してオンさせているの見て、同じようにグリーン左サイドの丘を狙ってナイスショット。うまく傾斜を利用してナイスオンし約10Y転がってそのままカップに消えると「入った!入った!」と同伴者は大騒ぎします。しかし当の本人は驚きの表情で呆然とします。「同伴者のホールインワンは沢山見てきましたが、27年の長いゴルフ人生で初めてで、信じられない気持ちです。本当にびっくりしました」と語ってくれました。

 

 

(8/27 15:32)


インコース10番スタートホール

東北シニア初日・第1ラウンドスタートしました!

 2014年度(第37回)東北シニアゴルフ選手権競技の初日、第1ラウンドが8月27日(水)、宮城県名取市の仙台カントリー倶楽部(6,398Y/PAR72)でいよいよ開催となりました。この日の仙台CCは曇り。良好なコンディションの下、参加者129名(欠場者8名除く)がアウト、インコースそれぞれから一斉にスタートしました。

 第1ラウンドの成績は夕方発表の予定です。

(8/27 10:16)

スタート前の準備風景
アウト1番ホールのプレー風景
インコース10番スタートホール
 
(8/27 10:15)

Information

東北シニア競技用コースレーティングについて

 本選手権競技はスコア提出の際、トーナメントスコア対象競技となっております。

 トーナメントスコアはJGA/USGAハンディキャップインデックスを算出する際、プライベートラウンドとのスコアと区分された「トーナメントスコア」としてNEW J-sys内で扱われ、プレーヤーのIndexを低減する措置が自動的に行われることがある対象競技スコアとなります。

 また、本競技のコースレーティングおよびスロープレーティングは、既にNEW J-sysに登録されている仙台CCののコースレーティング・スロープレーティングとは異なるため、スコア登録の際は以下のコースレーティグ情報を使用して入力願います。

東北シニア選手権競技 競技レーティング情報
   ◆コースレーティング  70.7
   ◆スロープレーティング 127

【NEW J-sys登録方法】
・スコア種別は「トーナメント」を指定(競技日のみ)
 ※指定練習日は「アウェイ」としてください

(8/19 16:30)


2014年度東北シニアゴルフ選手権競技の各県割当数が下記の通り決定いたしました。

東北シニア(当年度予選参加者数割70%+加盟倶楽部数割30%)
  青森 秋田 岩手 宮城 山形 福島 合計
予選参加数
(Hd14.4まで 55歳以上)
53 50 111 69 54 112 449
割当数 10.4 9.8 21.8 13.5 10.6 22 88
加盟倶楽部数(2014/6/1現在) 11 15 19 29 10 32 116
割当数 3.5 4.8 6.1 9.3 3.2 10.2 37
2014各県割当数 14 15 28 23 13 32 125
昨年度各県割当数 15 15 25 24 15 31 125
▲ 1 0 3 ▲ 1 ▲ 2 1 0
開催県枠       5      
(6/26 9:13)


2014年度 東北シニアゴルフ選手権競技  シード選手
           
過去3年間の優勝者
  2011年度
(平成23年度)
佐藤    軒 富谷 宮 城  
  2012年度
(平成24年度)
雛鶴秋四郎 安比高原 岩 手  
  2013年度
(平成25年度)
齋藤 靖則 庄内 山 形  
           
2013年度(平成25年度) 東北シニアゴルフ選手権競技2位から5位までの者
  2位 大友 富雄 表蔵王 宮 城  
  2位 川俣 信幸 JGA個人会員 山 形  
  2位 久保木典美 棚倉田舎 福 島  
  5位 高橋  功 南岩手 岩 手  
           
           
           
           
  *上記シード選手は、各県割当数と別枠となります。
(5/3 13:35)

Photo Gallery