競技規定
ローカルルール
参加者一覧
組合せ
成績
歴代優勝者
過去の記録
JGA競技
第27回 東北ミッドシニアゴルフ選手権競技
開 催 日: 9月29日(水)~9月30日(木)
開催場所: 小名浜カントリー倶楽部
距  離:
2021年9月30日(木)
2Round
初の栄冠に輝いた久保木選手

久保木典美選手(棚倉田舎)が通算2オーバー・146で悲願の初優勝飾る!

 2021年度(第27回)東北ミッドシニアゴルフ選手権競技の最終日・第2ラウンドが9月30日(木)、小名浜カントリー倶楽部(6,295Y/PAR72)で開催となりました。同倶楽部での主催競技開催は3年ぶり6度目。この日の小名浜CCは早朝より爽やかな秋晴れと好天に恵まれた絶好のコンディションで最終日を迎え、参加83名(棄権1名)がアウト、インから分かれてスタートしました。

 午後2時40分、参加全選手がホールアウトし、2日間・36ホールストロークプレーを終えました。最終日は福島県浜通り地区特有の浜風に苦戦を強いられ多くの選手がスコアメイクに苦しみました。競技の結果、前日トップタイでスタートした久保木典美選手(棚倉田舎)がこの日のベストスコア72でスコアを守り、通算2オーバー・146で悲願の初優勝を飾りました。同じくトップタイスタートの小池敏夫選手(五浦庭園)は久保木選手と熱戦を展開しましたが、終盤で崩れこの日75、通算5オーバー・149で第2位。通算8オーバー・152で雛鶴秋四郎選手(安比高原)、栁沼達男選手(グリーンアカデミー)が第3位入賞を果たしました。

 シニアで2位2回、ミッドアマ3位など当連盟主催競技で上位常連の久保木選手。初日好スコアをマークするも2日目以降崩れるジンクスを打破し見事悲願の初タイトルをその手で掴みました。初日は2バーディーで通算2オーバーのトップタイで迎えた2日目。「ティショットをラフに入れないこと、グリーンセンター狙いを徹底しました」。思うほど緊張感もなく淡々とプレーできたと言う久保木選手ですが前半は1オーバー・37で折返し、フロントナインを終えて小池選手とトップ並走と激戦が展開されます。

 その闘いは終盤までもつれ込み迎えた14番。小池選手ボギーに対して15Yのアプローチを直接決めてバーディーとした久保木選手が2打差のリード。続く15番ロングでは約100Yを1Mにピタリと寄せて「14番のチップイン、15番で連続バーディーがきょうのキーホールでした」と振り返ります。その後1ボギーで1アンダー・35、計72、通算2オーバー・146。

 「ショットが良かったです。特にドライバーショットはほとんどミスがなかった。接戦でしたが気負うことなく慌てずにプレーできました。勝てる時はこういうものかと実感しています。やっと1つ勝つことができてほっとしていますし、初タイトルはとてもうれしいですね。全国大会はシニア、ミッドシニアと連戦になりそうですが、シードを目標にベストを尽くせるよう調整していきたいですね」。期待しましょう。

 なお、 なお、本競技の上位4名が日本ミッドシニアゴルフ選手権競技への参加資格を得られました。出場選手のご健闘をお祈り申し上げます。また、第2~5位の入賞者の皆さまは賞品の発送をもって表彰に代えさせていただきます。

(9/30 19:49)

第2位の小池選手
浜風になびく連盟旗
久保木選手のショット
第3位タイの雛鶴選手
第3位タイの栁沼選手
寺嶋競技委員長より優勝カップを受ける久保木選手
 
(9/30 19:45)

Information
ミッドシニア競技用レートはこちら
(9/2 15:10)


ミッドシニアエントリー受付開始

東北ミッドシニアゴルフ選手権競技のエントリーの受付を開始いたしました。参加希望の方は、競技規定及び新型コロナウィルス感染症拡大防止対応についてのお願いをご確認のうえ、お申し込み下さい。

新型コロナウイルス感染症拡大防止対応についてのお願い・問診票」はこちら

競技は現在のところは実施の予定ですが、今後の感染状況により変わる可能性がございます。その際は当連盟ホームページにてご案内致しますので、ご確認のほどお願い申し上げます。大会を無事に開催できますよう、選手・関係者の皆さまの自己感染予防、体調管理に十分ご留意くださいますようお願い申し上げます。


(8/17 9:39)


全国大会の参加人数について

東北ミッドシニアゴルフ選手権 上位 4名 に 日本ミッドシニアゴルフ選手権の参加資格を付与する。

(4/2 15:22)


Photo Gallery