競技規定
ローカルルール
参加者一覧
組合せ
成績
歴代優勝者
過去の記録
JGA競技
第37回 東北グランドシニアゴルフ選手権競技
開 催 日: 10月2日(木)~10月3日(金)
開催場所: きたかみカントリークラブ
距  離:
2014年10月3日(金)
2Round
初優勝を飾った齋藤選手

齋藤富夫(ローズランド)選手が再逆転で初優勝飾る!

 2014年度(第37回)東北グランドシニアゴルフ選手権競技の最終日・第2ラウンドが行われ、後半インコースの9ホールを残すのみとなりました。優勝争いは最終組スタートの齋藤富夫(ローズランド)選手、村上洋二(盛岡)選手が激しい闘いを展開。後半に入って村上選手が11番ホールで第2打をOBのダブルボギーとし、1打差を追う齋藤富夫(ローズランド)選手が再逆転に成功。その後は互いに譲らず好プレーを続けてその差は詰まることなく齋藤富夫(ローズランド)選手が初優勝に輝きました。

 第2位に2打差をつけて最終日を最終組でスタートした齋藤選手。3番で左に痛恨のOBでダブルボギーとし、1打スコアを伸ばした村上選手に逆転を許します。前半の8、9番で村上選手が連続ボギーとし通算イーブンパー・36、トータル通算3オーバー。その後17番で齋藤選手もボギーとし通算3オーバー・39、トータル通算4オーバーで1打差を追い後半へ向います。

 「村上選手が良いゴルフをしていたので大変でしたが、3番のOB以外はショットはまずまず、パッティングがもう一つでしたが1打差なら何とかなる。パーを続けていこうと思って後半へのぞみました」。後半スタートの10番で残り150Yを7番アイアンで30cmにピタリとつけてバーディーとし、同ホールパーの村上選手に並びます。「このホールのバーディーは大きかったですね」。続く11番ホールで村上選手が第2打をOBとしダブルボギーで2打差の逆転に成功。15番は互いにボギー。17番で村上選手がボギーとしてその差が3打差となり「これで勝てたかなと思いましたが、最終18番でダブルボギー。気を緩めてはいけないですね」。結局後半は2オーバー・38、計77、トータル通算6オーバー・150で初優勝に輝きました。

 齋藤選手は2008年の東北ミッドシニアチャンピオンでグランドシニア参戦は今年で2年目。昨年は第4位で全国大会出場を果たしましたが「あまりいい成績を残すことができなかったので、今年は1つでも上を目指して東北全体の成績を上げられるようがんばりたい」と語ってくれました。

(10/3 19:24)

第2位タイに入った高田選手

高田敏晴(盛岡)選手、村上洋二(盛岡)選手が第2位タイ入賞

 前日トータル通算7オーバー・79の第11位タイでスタートした高田敏晴(盛岡)選手が好プレーを展開。アウトコーススタート。2番ホールで4Mを決めてバーディーが先行。その後はパーを重ねて前半通算1アンダー・35mの好スコアで後半へ折り返します。

 後半に入っても堅実なゴルフでスコアメイクする高田選手。「ドライバーショットも良かったですが、パッティングの感触が良くて、楽にパーセーブできた。まずまずのスコアでラウンドすることができて良かった」。後半は14番のボギー1つに抑えて通算1オーバー・37、計72、トータル通算7オーバー・151。練習ラウンドに4回来てグリーンのタッチをつかみ、パッティングが好調。前日はOBなどショットが不安定でトータル通算7オーバー・79でしたが、この日はドライバーショットからパッティングまでバランスが良く好スコアにつながったと言います。グランドシニア参戦3年目。「全国大会は初めての参加なので、目一杯やるしかないでしょう」と語ってくれました。

(10/3 19:24)

第2位タイに入った村上選手

 前日トータル通算3オーバー・75で最終組スタートの村上洋二(盛岡)選手が好調。「前半はドライバーショットも、パッティングも良かった」。アウト1番ホールでボギースタートも、2番、3番の連続バーディーを決めて齋藤選手を逆転します。5番でこの日3つ目のバーディーを奪って快調にスコアを伸ばします。8、9番でボギーとしますが、通算イーブンパー・36、トータル通算3オーバーで齋藤選手に1打差をつけて単独トップで折り返しました。

 後半スタートの10番で齋藤選手がバーディーとしてトップ並走となり、両者の激しいデットヒートが展開されます。迎えた11番ロングホール。村上選手は残り170Yの第2打を刻みますが、これがカート道に当たって不運なOBとなりダブルボギー。齋藤選手に2打差の再逆転を許し「このホールで精神的にも落ちてしまいその後の集中力を欠いてしまった」と言います。その後2ボギーで後半通算4オーバー・40、計76、トータル通算7オーバー・151。3度目の全国大会出場を果たし「飛距離では負けない自身があるので、後はパッティング。まずは翌年のシードを目標に頑張りたい」と語ってくれました。

 なお、本競技の上位6名(マッチングスコアカード方式による)に日本グランドシニアゴルフ選手権競技への参加資格が付与されました、出場選手のご健闘をお祈り申し上げます。

(10/3 19:25)


バックナインが終了。村上洋二(盛岡)選手がトータル通算3オーバーで逆転、単独トップで折り返し

 2014年度(第37回)東北グランドシニアゴルフ選手権競技の最終日・第2ラウンド。心配されていた天候も崩れることなく曇りのまま最後の18ホールストロークプレーが繰り広げられています。

 午前11時、最終組スタートが前半戦を終了しました。その結果、村上洋二(盛岡)選手が3バーディーを奪う好プレーを見せて通算イーブンパー・36で上がり、トータル通算3オーバーで逆転に成功。単独トップで後半へ折り返しました。単独トップでスタートした齋藤富夫(ローズランド)選手は前半OB等があり通算3オーバー・39、トータル通算4オーバーで村上選手に1打差の第2位で後半へ折り返しました。同最終組スタートの熊谷新発(盛岡)選手が通算2オーバー・38、トータル通算6オーバーで続いていますが、村上選手、齋藤選手、上位2名の激しい闘いが繰り広げられています。残り9ホール。誰の頭上に栄冠が輝くのか、成績発表は夕方の予定です。

(10/3 13:8)


練習場で打撃練習する選手達

グランドシニア第2ラウンドスタートしました!

 10月3日(金)、2014年度(第37回)東北グランドシニアゴルフ選手権競技の最終日・第2ラウンドを迎えました。開催倶楽部の北上カントリークラブ(6,014Y/PAR72)は時折小雨がパラつくものの曇りで、プレーに大きな影響はなく上々のコンディションの下、参加の65名(3名棄権を除く)がアウト、インコースから分かれて定刻通りにスタートしました。

菊池喜昭(岩手)選手、熊谷新発(盛岡)選手がエージシュートを達成!

 前日の第1ラウンドで最年長80歳でスタートした菊池喜昭(岩手)選手がトータル通算7オーバー・79の11位タイでホールアウトし、エージシュートを達成しました。ゴルフ歴45年の大ベテランで今回で205回目の記録を更新しています。また、78歳でスタートした熊谷新発(盛岡)選手はトータル通算4オーバー・76でラウンドしエージシュート達成。優勝争いに入るトップに3打差の最終組でスタートしました。キャリア50年。67歳の時に67でラウンドし初達成してから10年でエージシュートは数えきれないほど記録。ラウンドの8割がエージシュートと言うから驚きです。両名の活躍にも期待しましょう。

 第2ラウンドの成績発表は夕方の予定です。

(10/3 10:46)

 
(10/3 10:44)

2014年10月2日(木)
1Round
単独トップに立った齋藤選手

齋藤富夫(ローズランド)選手がトータル通算1オーバー・73で単独トップ!

 2014年度(第37回)東北グランドシニアゴルフ選手権競技の初日・第1ラウンドが、10月2日(木)に開催となりました。開催倶楽部の北上カントリークラブ(6,014Y/PAR72)は午前中の内に陽射しが出て気温も上昇し、プレーしやすい穏やかな天候に恵まれました。上々のコンディションの中、参加の70名(3名欠場を除く)がアウト、インコースから分かれて定刻通りにスタートしました。

 競技の結果、地元岩手県の齋藤富夫(ローズランド)選手がトータル通算1オーバー・73で単独トップに立ちました。齋藤選手はアウトコーススタート。ドライバーショット、セカンドショット共に好調で、特にドライバーショットは距離が出て楽にスコアメイクできたと言います。スタートホールの1番ロングホールで第3打をピン30cmにつけてバーディーが先行。4番で3M、7番で1Mを決めて前半3バーディーを奪取。他2ボギーで通算1アンダー・35で折り返します。

 後半に入っても好調をキープ。13番ショートホールでは6番アイアンでナイスショット。ピン右2Mにつけてこの日4つ目のバーディーを奪いスコアを伸ばします。他3ボギーで通算2オーバー・38、計73。「多少風もありましたし、ショットはあまり振らないで低めにコントロールしたのが良かった」。3パットもあり内容は完璧ではないまでも初日トップに立ち納得の表情を見せます。「明日は天候も悪いというので曲がらないようなショットを心掛けたい」。今年はグランドシニア2年目、ミッドシニア優勝以来の栄冠となるか、齋藤選手のプレーに注目しましょう。

(10/2 17:26)

第2位タイの佐藤選手(左)と村上選手

第2位タイに佐藤幸夫(福島石川)選手、村上洋二(盛岡)選手が並走!

 第2位タイには昨年のミッドシニアチャンピオン佐藤幸夫(福島石川)選手と、村上洋二(盛岡)選手がトータル通算3オーバー・75でトップに2打差を追いかけます。

 グランドシニア初年となる佐藤選手は「ロングホールが全て3パットボギー。パットが下手で困りましたね」。ファーストパットでタッチが合わずロングホールでスコアを落とす悪い展開を嘆きますが、ドライバーショットは距離も出て安定性もあり、セカンドショットはショートアイアンと楽にゲームを進め何とかトータル通算3オーバーに抑えました。「ショットは悪くないので明日は今日の分を埋められるように頑張りたい」と語ってくれました。

 インコーススタートの村上洋二(盛岡)選手は「2~3Mのパーパットが入らなかった」。前半で3つボギーが先行する苦しい展開。17番で初バーディーを奪いますが18番でもボギーとし通算3オーバー・39で折り返します。

 後半に入って平均飛距離260Yという得意のドライバーショットが冴え、2、3番ミドルホールではあわや1オンのスーパードライブを放つなど優位にゲームを進めます。2番で2Mを決めてこの日2つ目のバーディーを奪取。最終ホールでボギーとし通算イーブンパー・36、計75。「とにかくパッティングが悪かったのが悔やまれます。明日は天候も不安定なようですが、自分にとっては難しくなってくれた方が勝負になる。アンダーで回って優勝できるように頑張りたい」と語ってくれました。

(10/2 17:37)


エースを達成した長谷川選手(左)と石ヶ森選手

1日で2名がエース!長谷川武哉(青森ロイヤル)選手は4番ホールで達成!

 アウトコーストップスタートの長谷川武哉(青森ロイヤル)選手が4番ホール(128Y/PAR3)でホールインワンを達成しました。「ピンが奥でアゲンストだったので140Yを見て8番アイアンを持ちました」。緩く右に弧を描くフェードボールのナイスショット。球はピン方向へ飛び、2段グリーンを駆け上がってすうーっと消えたと言います。

 「オーバーしたのかと思いましたがグリーン奥には球が無ありませんでした。まさかと思いカップを覗いたら入ってました。よく入ったなと言う感じです」。自身2度目、公式戦では初のエース達成に笑顔を見せてくれました。

石ヶ森輔(花の杜)選手が16番ホールでエース達成!

 アウトスタートの石ヶ森輔(花の杜)選手はインコース16番ホール(126Y/PAR3)でホールインワンを達成。1日に2名がエースを達成する珍しい記録となりました。

 残り3ホールで16番ティーに立った石ヶ森選手。「ここで入れてしまってよ」と同伴者からの激励もあり、ティーが後ろ目で実測135Yと読んだ石ヶ森選手は8番アイアンでナイスショットします。ピン方向へ真っ直ぐ飛び、ピン手前にワンバウンド、2バウンドすると「球が消えて見失った」。

 グリーンに上がってカップに確かに球が吸い込まれたのを確認。「実は5月にホールインワンをして、記念コンペをしたばっかり。また大変だなと思いました」。今年2度目、通算7回のエース達成に苦笑する石ヶ森選手ですが「明日につなげられるよう頑張りたい」と語ってくれました。

(10/2 17:28)


インコース10番ホールのスタート風景

グランドシニア第1ラウンドスタートしました!

 10月2日(木)、2014年度(第37回)東北グランドシニアゴルフ選手権競技の初日・第1ラウンドを迎えました。開催倶楽部の北上カントリークラブ(6,014Y/PAR72)はスタート前の時点で気温12度と肌寒い気候ですが終日曇りの予報。上々のコンディションの中、参加の70名(3名欠場を除く)がアウト、インコースから分かれて定刻通りにスタートしました。

 第1ラウンドの成績発表は夕方の予定です。

(10/2 10:6)

Information

東北グランドシニア 競技用コースレーティングについて

 本選手権競技はスコア提出の際、トーナメントスコア対象競技となっております。

 トーナメントスコアはJGA/USGAハンディキャップインデックスを算出する際、プライベートラウンドとのスコアと区分された「トーナメントスコア」としてNEW J-sys内で扱われ、プレーヤーのIndexを低減する措置が自動的に行われることがある対象競技スコアとなります。

 また、本競技のコースレーティングおよびスロープレーティングは、既にNEW J-sysに登録されている北上CCのコースレーティング・スロープレーティングとは異なるため、スコア登録の際は以下のコースレーティグ情報を使用して入力願います。

東北グランドシニア 競技レーティング情報
   ◆コースレーティング  68.1
   ◆スロープレーティング 121

【NEW J-sys登録方法】
・スコア種別は「トーナメント」を指定(競技日のみ)
 ※指定練習日は「アウェイ」としてください

(9/9 15:41)


Photo Gallery