競技規定
ローカルルール
参加者一覧
組合せ
成績
歴代優勝者
過去の記録
JGA競技
第48回 東北総合体育大会ゴルフ競技会
少年男子
開 催 日: 6月16日(水)~6月17日(木)
開催場所: さくらんぼカントリークラブ
移りゆく季節が彩る、魅力的なコースレイアウト。緩やかな丘陵地にフラットなホールのアウトと、林でセパレートされた林間コースのインと趣の異なる全18ホール。ベントワングリーンが高戦略です。
距  離:
2021年6月18日(金)
1Round

山形県で8年ぶり2度目の開催。参加18名がフレッシュプレーで熱戦!

 2021年度(第48回)東北総合体育大会ゴルフ競技〈少年男子〉が6月16日(木)~17日(木)、山形県のさくらんぼカントリークラブで開催されました。種別が少年男子となって開催されるようになった2006年の第33回大会以来、山形県での開催は8年ぶり2度目。

 新型コロナウィルス感染対策のため、例年行われている開始式、閉会式は執り行わず無観客での開催となりましたが、6月16日(水)に公式練習が行われました。6月17日(木)の競技当日はスタート時は曇りでしたがその後好天に恵まれ会場のさくらんぼCCは上々のコンディションの下、東北を代表する各県3名、合計18名が18ホールストロークプレー(3名の合計スコアによる団体戦)で熱戦を繰り広げました。

(6/18 12:45)

初優勝を飾った山形県チーム

山形県チームがチーム合計233で〈少年男子〉初優勝飾る!
宮城県は第2位、第3位の岩手県までが国体出場資格獲得!

 競技の結果、山形県チームがチーム合計233ストロークで〈少年男子〉初優勝を飾りました。東北総体ゴルフ競技では〈成年女子〉で優勝した2002大会以来19年ぶり2度目。アンダーパーをマークした工藤颯太選手の71(35/36)を筆頭に、大石恵輝選手が76(36/40)、髙橋勇郎選手が86(44/42)でチーム合計233。第2位の宮城県チームに6打差をつける快勝となり、2018年以来3年連続で入賞、国体出場を決めました。

 宮城県チームは三上優心選手が70(33/37)でベストスコアをマークし、庄司健竜選手が94(45/49)、中村駈選手が75(39/36)のチーム合計239で第2位。国体での健闘が期待されます。第3位はチーム合計249で岩手県チームが入賞を果たしました。佐藤佑斗選手が76(36/40)、菊池諒太郎選手が91(50/41)、後藤羽翼選手が82(41/41)。2大会ぶりに国体出場を決めました。

 なお、山形県、宮城県、岩手県の上位3県が、本年度、三重県で開催される第72回国民体育大会ゴルフ競技への出場資格を得られました。出場チームの活躍を期待しましょう。

(6/18 12:45)

第2位の宮城県チーム
第3位の岩手県チーム
スコアボード
 
(6/18 12:47)


Photo Gallery