競技規定
ローカルルール
参加者一覧
組合せ
成績
歴代優勝者
過去の記録
JGA競技
第9回 東北ミッドアマチュアゴルフ選手権競技
開 催 日: 9月25日(木)~9月26日(金)
開催場所: 安比高原ゴルフクラブ/岩手山・八幡平コース
距  離:
2014年9月26日(金)
2Round

激戦のバックナインが終了し、トータル通算2オーバーで2名が並び勝負の行方はプレーオフへ!

 東北ミッドアマの最終日・第2ラウンドが絶好のコンディションの下行われ、バックナイン残り9ホールの激戦が繰り広げられました。その結果、トータル通算イーブンパーで前半を単独トップで折り返した小島良(ノースハンプトン)選手はバックナインでスコアを崩し通算5オーバー・41、計77、トータル通算5オーバー・149で優勝争いから離脱。前半ノーボギーで通算3アンダー・33の好スコアをマークしトータル通算1オーバーで折返した沼田光樹(杜の公園)選手は、後半通算2オーバー・38、計71、トータル通算3オーバー・147。最終組スタートで後半通算1オーバー・37、計73で粘りのゴルフを見せた赤間弘一(仙台空港)選手と共に第3位タイ入賞を果たしました。

 一方、トータル通算3オーバーで折返した高田卓司(杜の都)選手は後半通算1アンダー・35とスコアをまとめ計72、トータル通算2オーバー・146でフィニッシュ。最終組スタートで第2位タイで折返した白出高明(泉パークタウン)選手は後半安定したゴルフを見せて通算イーブンパー・36、計73で高田選手とトップタイに並び、勝負の行方はプレーオフへともつれ込みました。

 プレーオフ1ホール目の10番ホールは共にボギーとし、続く18番ロングホール。第3打でグリーンを捉え2パットでパーの白出選手に対して、第2打を3Wでグリーン手前に運んだ高田選手。ピンまで30Yのアプローチを2Mにつけてこれをねじ込みバーディー。プレーオフを制し、うれしい初優勝を飾りました。

(9/27 0:36)

初出場初優勝を飾った高田選手

高田選手がプレーオフを制し、初出場、初優勝を飾る!

 前日、トータル通算2オーバー・74の第3位タイでスタートした高田選手は元々関西出身。仕事の都合により宮城県仙台市に転勤となり県大会を第8位で通過。練習ラウンドなしのぶっつけ本番で本大会に挑戦したと言います。最終日のこの日はティショットでドライバーを使わず3Wを多用。戦略がはまり、加えてショートアイアンが冴えて堅実なゴルフを展開します。後半の13番で1Mを決めてバーディー。他ノーボギーで通算1アンダー・35とスコアを1つ伸ばして計72、トータル通算2オーバー・146でホールアウトし、プレーオフへもつれ込みました。

 「ドライバーショットが不安定で3Wでティショットしたのが良かった。前半1オーバー・37で上がれて後半も30台で回りたいと思っていましたが、ショートアイアンが良くて上がってみたら1アンダー・35。びっくりしました」。白出選手が最終ホールをボギーとしてプレーオフに入り「まさかまさかの信じられない展開でした」とさらにと驚きの表情を見せる高田選手。プレーオフ2ホール目のバーディーパットを決めて「うれしいと言うよりはえらいことしてしまったなというのが実感でした」。勝負の流れに乗って無欲で臨んだ結果が勝利を引き寄せました。

 高田選手は奈良県で幼いころからゴルフを初め、関西ジュニアや、関西学生で優勝するなど学生時代から輝かしい実績があり、その後も社会人アマチュアゴルファーとして日本アマには4度、日本ミッドアマには2度の出場経験のある実力者。「東北大会は全国大会出場枠が6名と狭き門ですが、優勝して通過することができました。全国大会では決勝に残れるように頑張りたい」と語ってくれました。高田選手の活躍に期待しましょう。

(9/26 21:57)

惜しくも2位の白出選手

2年連続惜敗で2位の白出選手は「全国大会で雪辱果たしたい」

 「前半8、9番の連続ボギーが痛かったですね」と言う白出選手。それでも2番で1M、4番で4M、7番で5Mを決めて3バーディーを奪い通算1オーバー・37で折返します。後半はショットが冴えてノーボギーのまま堅実なゴルフを展開。15番のバーディーで1歩抜け出し、初優勝に王手をかけましたが、最終ホールでティショットミスからボギーとしトータル通算2オーバー・146でプレーオフへ。惜しくも敗れ昨年に続き第2位となりました。

 2日間通してパッティングが好調。スコアをつくるその安定度は群を抜いていますが「このコースは過去にもプレーオフで敗れた苦い経験があり、今大会も自分には運がなかったということだと思います。日本ミッドアマで雪辱を果たしたいですね」と語ってくれました。

 前半3アンダー・33の猛チャージを見せてゲームを盛り立てた沼田選手は後半に入っても好調をキープ。一時はトータル通算イーブンパーまでスコアを戻しましたが、終盤の5ホールで3ボギーとし通算2オーバー・38、計71、トータル通算3オーバー・147。1打足りずに第3位タイとなりました。「ショットが良くていいリズムでプレーできていましたが、最終18番のボギーが痛かったですね。全国大会は3度目の出場ですがベストを尽くしたい」。

 沼田選手と同じ第3位タイで2日間を終えた赤間選手はこの日はドライバーショットが好調となり、前半2バーディーを奪って通算イーブンパー・36で折り返し。後半も手堅いゴルフを見せて通算1オーバー・37、計73、トータル通算3オーバー・147。納得の表情で全国大会の切符を手にしました。「念願の全国大会出場を決めることができてうれしく思います。初めての出場なのでぜひ楽しんできたいですね」と語ってくれました。

 なお、本競技の上位6名(マッチングスコアカード方式による)が日本ミッドアマチュアゴルフ選手権競技への参加資格を得られました。出場選手のご健闘をお祈り申し上げます。

(9/26 22:2)

第3位タイの沼田選手(右)と赤間選手
全国大会出場を決めた6名の選手の皆さん
表彰式会場の模様
 
(9/26 22:3)


フロントナインが終了!小島良(ノースハンプトン)選手がトータル通算イーブンパーの単独トップで折返し

 2014年度(第9回)東北ミッドアマチュアゴルフゴルフ選手権競技の最終日・第2ラウンドが開催となりました。前日とは違い秋晴れの好天に恵まれた絶好のコンディションの下、参加者129名(棄権1名除く)が最後の18ホールをプレー中です。

 午後12時30分、最終組が前半のアウトコースを終えました。その結果、前半を通算イーブンパー・36でラウンドした小島良(ノースハンプトン)選手がトータル通算イーブンパーとスコアを堅守し、単独トップで折返しました。最終3組前スタートの沼田光樹(杜の公園)選手が前半のアウトコースで3バーディーノーボギーの好スコアをマーク。通算3アンダー・33、トータル通算1オーバーとスコアを戻して単独2位で折返しました。その1組前でスタートした高橋順一(杜の都)選手は前半を通算2アンダー・34、トータル通算2オーバーと好プレーを見せます。

 最終組スタートでは白出高明(泉パークタウン)選手が前半通算1オーバー・37、赤間弘一(仙台空港)選手が通算イーブンパー・36、櫻庭壽幸(びわの平)選手が通算イーブンパー・36と共に安定したゴルフを展開して高橋選手と共にトータル通算2オーバーの3位タイで小島選手を追いかけます。

 また、川上浩(仙台)選手が通算1アンダー・35、根本亨(杜の都)選手が通算1アンダー・35、高田卓司(杜の都)選手が通算1オーバー・37でこの3人がトータル通算3オーバーで続いています。最終日はコンディションが良くなってアンダーパーも多く記録されており上位陣はトップから3打差内に9名とさらに混戦が展開されています。残りはバックナインの9ホール。誰の頭上に栄冠が輝くのか。白熱した好ゲームが続けられています。

(9/26 14:3)


アウト1番スタート風景

ミッドアマ第2ラウンドスタートしました!

 9月26日(金)、2014年度(第9回)東北ミッドアマチュアゴルフゴルフ選手権競技の最終日・第2ラウンドを迎えました。開催倶楽部の安比高原ゴルフクラブ(岩手山・八幡平コース/6,979Y/PAR72)は前日の天候とは打って変わって早朝より秋晴れの好天に恵まれ上々のコンディションで最終日を迎えました。

 初日が終わって単独トップは小島良(ノースハンプトン)選手のトータル通算イーブンパー・72、続いて白出高明(泉パークタウン)選手がトータル通算1オーバー・73で単独2位に入っています。上位陣はトップから通算4オーバー・76までに22名が入る混戦模様。参加129名(棄権1名除く)がアウト、インコースから分かれて定刻通りにスタートしました。果たして誰の頭上に栄冠が輝くのか。

(9/26 10:13)

インコース10番スタート風景
パッティンググリーンの練習風景
インコース18番ホールのプレー風景
 
(9/26 10:17)

2014年9月25日(木)
1Round

 2014年度(第9回)東北ミッドアマチュアゴルフゴルフ選手権競技の初日・第1ラウンドが開催となりました。会場の安比高原ゴルフクラブは降雨が続くあいにくのコンディションでしたが、午前中のうちに弱雨となって午後には上がり出場選手達の白熱した闘いが繰り広げられています。

 小島良(ノースハンプトン)選手がトータル通算イーブンパー・72で単独トップ。単独2位に白出高明(泉パークタウン)選手がトータル通算1オーバー・73で続いています。第3位タイにはトータル通算2オーバー・74で赤間弘一(仙台空港)選手、櫻庭壽幸(びわの平)選手、村田謙二(八幡平)選手、高田卓司(杜の都)選手ら4名が並び、トップから4打差のトータル通算4オーバー・76までに22名が犇めく混戦模様となりました。果たして明日はどんな闘いが展開されるのか。

(9/25 17:30)

単独トップに立った小島選手

小島良(ノースハンプトン)選手がトータル通算イーブンパー・72で単独トップ!

 トータル通算イーブンパー・72で小島良(ノースハンプトン)選手が単独トップに立ちました。アウトコーススタートの小島選手はスタートの1番で6Mを決めバーディー発進。ドライバーショットはあまり良くなかったと言いますがセカンドショットが好調でパーオン率も高くスコアをキープします。8番ショートホールでは5番アイアンでナイスショット。5Mにつけてこれを決めバーディーとしスコアを伸ばします。他1ボギーで通算1アンダー・35で折返し。

 後半に入って徐々にドライバーショットも安定し内容も良くなったと言う小島選手。11番では下りの4Mを強めに入れてこの日3つ目のバーディーを奪取。安定したゴルフでスコアを伸ばします。他2ボギーで通算1オーバー・37、計72。「アイアンショットが良かったのでスコアを作ることができたと思います。最高の出来でした。明日はもうちょっとパッティングが入ってくれればと思いますが、パープレー目標で頑張りたい」と語ってくれました。

(9/25 17:29)

単独2位の白出選手

白出高明(泉パークタウン)選手がトータル通算1オーバー・73で第2位

 アウトコーストップスタートの白出高明(泉パークタウン)選手が好調。強雨の中のスタートとなりましたが、2番ホールで5Mを決めバーディーが先行する幸先の良いスタートを切ります。続く5番ロングホールでは第3打をバンカーに入れてボギーとしますが、6番で7M、7番で10Mと2ホール連続で長いパーパットを決めてパーセーブするなど我慢のゴルフを展開。通算イーブンパー・36で折り返します。

 後半に入って12番、17番で2ボギーとしますが、14番ショートホールでは5番アイアンでナイスショット。ピン手前5Mにつけてこれを決めこの日2つ目のバーディーを奪いスコアを戻します。後半通算1オーバー・37、計73。ドライバーショットはあまり良くなかったと言いますが、セカンドショットのジャッジが的確でスコアメイク。また、1週間前に替えたパットが好調。完全フルオーダー製で個人のストロークに合わせた設計がピッタリだったと言います。「今日はショートパット、ロングパット共に良かった。東北大会は2位が2回。明日はテンション上げていきたいですね」。トータル通算1オーバーで2位につけ明日最終日に挑みます。

(9/25 17:27)

第3位タイの赤間選手

赤間弘一(仙台空港)選手は「パッティングに助けられた」

 インコーススタートの赤間弘一(仙台空港)選手はスタートからドライバーショットが右に曲がるトラブルが続き3連続ボギーとスタートで出遅れます。「雨の影響もあると思いますが、ティショットがダメすぎてびっくりしました」。ショットは悪いながらも小技でリカバリー。14番で5M、15番では10Yのチップショットを直接カップインさせ連続バーディーを決めてスコアを戻します。最終ホールはボギーとしますが通算2オーバー・38で折返し。

 「芝が濡れているので薄目にヒットしようとしましたがほとんどがトップボール。ショットは全然ダメでしたがパッティングに助けられました」。3番で1M、8番で4Mを決めて2バーディーを奪い他2ボギーで通算イーブンパー・36、計74。出だしの3連続ボギーからなんとか踏み止まってトータル通算2オーバー・74の第3位タイで明日の最終日を迎えます。「このコンディションの中でこのスコアなら上出来です。明日は緊張するだろうけど、その中でベストを尽くせるよう頑張りい」と語ってくれました。

(9/25 18:16)

第3位タイの櫻庭選手

櫻庭壽幸(びわの平)選手は「ドライバーショットが良かった」

 アウトコーススタートの櫻庭壽幸(びわの平)選手は2番ホールで2Mを決めてバーディーが先行します。4番でダブルボギー、最終9番ホールでボギーとしますが通算2オーバー・38。「インコースは距離のある岩手山コースだったので前半の八幡平コースはまとめていきたいと思いました」。目標通りの通算2オーバーで後半へ折り返します。

 後半も好調をキープ。ドライバーショットが安定度を増しスコアメイクします。14番ショートホールでは4番アイアンでナイスショット。ピン右3Mにピタリと寄せてバーディーとします。他2ボギーで迎えた最終18番では3Mを決めてこの日3つ目のバーディーでフィニッシュ。後半通算イーブンパー・36、計74。

 「岩手山のイーブンパーはうれしいですね。ドライバーショットがフェアウェイに置くことができたのが好スコアにつながったと思います」と納得の表情を見せる櫻庭選手。「日本ミッドアマに出場できるよう明日も頑張りたい」と語ってくれました。

(9/25 17:22)

第3位タイの村田選手

地元岩手県勢では村田謙二(八幡平)選手は「バランス良くプレーできた」

 地元岩手県勢では村田謙二(八幡平)選手が第3位タイと健闘しました。インコーススタートの村田選手は16番まで3ボギーと我慢のゴルフを展開。18番ロングホールでは約30Yの第3打をピンに当てるナイスアプローチで3Mにつけバーディー。通算2オーバー・38。前半は要所でショットが噛合ってスコアメイクできたと言います。

 後半のアウトコースではさらに好調となり2番では第2打を50cmに寄せバーディーとスコアを伸ばします。他1ボギーで通算イーブンパー・36、計74。ショット、アプローチ、パッティングが噛合ってバランスよくプレーの結果、第3位タイフィニッシュに納得の表情を見せる村田選手。「このコースはあまり得意ではないのでこのスコアで上がれたのは上出来です。明日もこんな感じでラウンドできれば」と語ってくれました。

(9/25 17:19)


アウトコース(八幡平)をスタートする選手達

ミッドアマ第1ラウンドスタートしました!

 9月25日(木)、2014年度(第9回)東北ミッドアマチュアゴルフゴルフ選手権競技の初日・第1ラウンドを迎えました。開催倶楽部の安比高原ゴルフクラブ(岩手山・八幡平コース/6,979Y/PAR72)は台風16号から変わった低気圧の影響により前夜から降雨が続くあいにくの空模様。難しいコンディションの下、初日・第1ラウンドを迎えました。

 参加は各県予選を勝ち抜いたミッドクラス(当該年度30歳以上)の130名(4名欠場を除く)がアウト、インコースから分かれて定刻通りにスタートしました。第1ラウンドの成績発表は夕方の予定です。

(9/25 9:15)

Information
東北ミッドアマ 競技用コースレーティングについて

 本競技はスコア提出の際、トーナメントスコア対象競技となっております。

 トーナメントスコアはJGA/USGAハンディキャップインデックスを算出する際、プライベートラウンドとのスコアと区分された「トーナメントスコア」としてNEW J-sys内で扱われ、プレーヤーのIndexを低減する措置が自動的に行われることがある対象競技スコアとなります。

 また、本競技のコースレーティングおよびスロープレーティングは、既にNEW J-sysに登録されている安比高原GCのバックティーのコースレーティング・スロープレーティングとなります。

東北ミッドアマ 競技レーティング情報
    ◆コースレーティング  72.5 

   ◆スロープレーティング 132

【NEW J-sys登録方法】
・スコア種別は「トーナメント」を指定(競技日のみ)
 ※指定練習日は「アウェイ」としてください

(9/9 15:46)


2014年度東北ミッドアマチュアゴルフ選手権競技の各県割当数が下記の通り決定いたしました。

東北ミッドアマ(当年度予選参加者数割70%+加盟倶楽部数割30%)

青森 秋田 岩手 宮城 山形 福島 合計
予選参加数
(Hd10.4まで 30歳以上)
91 66 154 97 68 107 583
加盟倶楽部数(2014/6/1現在) 11 15 19 29 10 32 116

2014年 各県割当数

17 15 29 24 14 26 125

昨年度各県割当数

18 11 30 23 12 31 125

▲1 4 ▲1 1 2 ▲5 0

(8/27 6:54)


2014年度 東北ミッドアマチュアゴルフ選手権競技  シード選手
           
過去3年間の優勝者
  2011年度
(平成23年度)
稲村 雅樹 いわきプレステージ 福 島  
  2012年度
(平成24年度)
遠藤  孝 郡山 福 島  
  2013年度
(平成25年度)
高久 幸夫 ローレルバレイ 福 島  
           
2013年度(平成25年度) 東北ミッドアマチュアゴルフ選手権競技2位から10位までの者
  2位 白出 高明 泉パークタウン 宮 城  
  3位 高萩  茂 小名浜 福 島  
  3位 稲村 雅樹 塩屋崎 福 島  
  3位 沓澤  勝 羽後 秋 田  
  6位 小島  良 能代 秋 田  
  7位 伊藤 久哉 栗駒 岩 手  
  8位 田中 英樹 宇津峰 福 島  
  8位 安孫子 平 山形南 山 形  
  10位 阿部 光広 おおさと 宮 城  
           
           
           
2014年度(平成26年度) 東北アマチュア選手権競技優勝者
  未定        
           
           
  *上記シード選手は、各県割当数と別枠となります。
(5/3 13:39)

Photo Gallery