競技規定
ローカルルール
参加者一覧
組合せ
成績
歴代優勝者
過去の記録
JGA競技
第15回 東北ミッドアマチュアゴルフ選手権競技
開 催 日: 10月7日(木)~10月8日(金)
開催場所: グランディ那須白河ゴルフクラブ/EAST・SOUTH
美しいベント芝のフェアウェイが広がる戦略的なチャンピオンコース。巨匠ロバート・トレント・ジョーンズ・シニアが設計した日本で唯一のゴルフコース。
距  離:
2021年10月8日(金)
2Round
3勝を上げ最多勝の記録更新を果たした稲村選手

稲村雅樹選手(メローウッド)がトータル通算6オーバー・150で4年ぶり最多V3!

 10月8日(金)、2021年度(第15回)東北ミッドアマチュアゴルフ選手権競技の最終日・第2ラウンド。4年ぶり6度目の当連盟主催競技開催となるグランディ那須白河ゴルフクラブ(EAST・SOUTH/6,942Y/PAR72)で東北各県の予選を勝ち抜いたミッドクラス(25歳以上)によって白熱した闘いが繰り広げられました。

 この日のグランディ那須白河GCは早朝より好天に恵まれ上々のコンディション。最終日にふさわしい舞台で選手達を迎え入れました。午後4時20分、出場106名(1名棄権)全選手がホールアウト。多くの選手が難しいピンポジション、セッティングに手こずりスコアメイクに苦しみました。

 競技の結果、単独トップでスタートした稲村雅樹選手(メローウッド)が苦労しながらも我慢のゴルフでこの日82、通算6オーバー・150で逃げ切り、ミッドアマ3勝目を上げ歴代最多記録を更新しました。第2位タイにはこの日のベストスコアをマークした小倉晃知選手(グリーンアカデミー)と、最終組スタートの久保典美選手(棚倉田舎)が通算9オーバー・153。久保木選手はシニア、ミッドシニアに続いてミッドアマも全国大会出場を決める快挙を達成しました。

 前回優勝の2017年大会もグランディ那須白河GCでコースとの相性がいい稲村選手。初日は唯一のアンダーパーとなる4アンダー・68のビッグスコアをマークし2位に5打差の単独トップで最終日を迎えました。前半アウトは5番ミドルのOBなど4オーバー・40とスコアを落としますが、上位陣も伸び悩み、また、前日の貯金が効いて通算イーブンパー、5打差単独トップのまま折返します。

 後半インコースは「ドライバーショットが不調でちぐはぐなプレーでした」とさらに6つスコアを落とし42、計82、通算6オーバー・150。「初日2番からの3連続バーディを含め4アンダー・68のアドバンテージが大きかったですね」。2020年は公式競技から離れており、2017年優勝のシードがあり約1年半ぶりの競技会参加で見事復活を果たしました。「ミッドアマ3勝の最多勝記録更新は本当にうれしい。全国大会では23位が最高位なので自分越えとトップ10を目標にベストを尽くしたい」と笑顔で応えてくれました。期待しましょう。

 なお、本競技の上位4名が日本ミッドアマチュアゴルフ選手権競技への参加資格を得られました。出場選手のご健闘をお祈り申し上げます。また、第2~5位の入賞者の皆さまは賞品の発送をもって表彰に代えさせていただきます。

(10/15 14:51)

第2位タイの小倉選手
第2位タイの久保木選手
第4位タイの藤村選手
TGA佐藤理事から賞状を受ける稲村選手
寺島競技委員長から優勝カップを受ける稲村選手
インコーススタート風景
 
(10/8 20:50)

Information
ミッドアマ競技用レートはこちら
(9/2 16:8)


ミッドアマエントリー受付開始

東北ミッドアマチュアゴルフ選手権競技のエントリーの受付を開始いたしました。参加希望の方は、競技規定及び新型コロナウィルス感染症拡大防止対応についてのお願いをご確認のうえ、お申し込み下さい。

新型コロナウイルス感染症拡大防止対応についてのお願い・問診票」はこちら

競技は現在のところは実施の予定ですが、今後の感染状況により変わる可能性がございます。その際は当連盟ホームページにてご案内致しますので、ご確認のほどお願い申し上げます。大会を無事に開催できますよう、選手・関係者の皆さまの自己感染予防、体調管理に十分ご留意くださいますようお願い申し上げます。

(8/30 14:50)


東北ミッドアマのシード選手はこちら(PDF)

        各県割当数は こちら(PDF)


(8/23 9:51)


全国大会の参加人数について

東北ミッドアマチュアゴルフ選手権 上位 4名 に 日本ミッドアマチュアゴルフ選手権の参加資格を付与する。

(4/21 10:28)


Photo Gallery