競技規定
ローカルルール
参加者一覧
組合せ
成績
歴代優勝者
過去の記録
JGA競技
第10回 東北女子シニアゴルフ選手権競技
開 催 日: 9月28日(水)~9月29日(木)
開催場所: 富谷カントリークラブ
蔵王、船形、泉ケ岳、七ツ森など眺望にも恵まれたコースは松林でセパレートされた丘陵コースのアウトと全体的にフラットな林間コースのインの18ホール。2001年にみやぎ国体ゴルフ競技を開催。
距  離:
2016年9月29日(木)
2Round

松田清美選手(仙台空港)、平塚光子選手(松島国際)がトータル通算20オーバー・164で並びプレーオフへ!

 2016年度(第10回)東北女子シニアゴルフ選手権競技の最終日・第2ラウンドが9月29日(木)、富谷カントリークラブ(5,617Y/PAR72)で開催となりました。この日の富谷CCは午前中一杯は降雨が続くあいにくの空模様。午後から雨は弱まっったものの風が吹いて難しいコンディションの中でのプレーが続き、女子シニア、グランドシニア各選手とも苦戦を強いられた最終日となりました。

 午後3時20分、女子ドシニア参加全選手がホールアウトし最終日・第2ラウンドの18ホールが終了しました。競技の結果、松田清美選手(仙台空港)、平塚光子選手(松島国際)がトータル通算20オーバー・164で並びプレーオフへもつれ込みました。プレーオフは今回の10回大会で5回目。半数がプレーオフでの決着となっており女子シニアは接戦が多く展開されています。

 プレーオフ1ホール目のアウトコース1番ホールは平塚選手からティーオフ。フェアウェイ右サイドから第2打をミスショットし、残り60Yの第3打を残します。一方、松田選手はティーショットを左サイドのファーストカットからグリーンバンカー手前へ運びます。平塚選手は第3打をピン左6Mのパーパット残し、松田選手は第3打のアプローチをピン手前1Mに寄せます。平塚選手は「入ると思わなかったので驚きました」と大きく右に曲がるスライスラインを読み切ってナイスパーセーブ。松田選手は「平塚さんが凄いパットを決めたのでプレッシャーがかかってしまった」と1Mのパーパットを右に外して万事休す。平塚選手がプレーオフを制して連覇V4を達成しました。

(9/29 20:18)

連覇でV4達成の平塚選手

平塚光子選手(松島国際)がプレーオフ制し連覇でV4達成!

 前日はトータル通算11オーバー・83で最終2組前でスタートした平塚光子選手(松島国際)。トップと5打差に「上には届きそうもないし、今日は70台を目標にプレーしよう」と比較的落ち着いてスタートしたと言います。前半は1ダブルボギー、4ボギーの通算6オーバー・42で折返し。「前日は替えたばかりのドライバーが合わずフェアウェイキープが3割弱でしたが、今日はランが出ない難コンディションのなかで、飛距離も出ていて好感触でした」と後半の巻き返しを計ります。

 後半はスタート1番でボギーもその後は安定したゴルフを展開しパーセーブを続けます。5番で第2打をOBとしたダブルボギー以外は、ドライバーショット、アイアンショット共に安定し、アプローチも噛み合ってスコアを維持。アウトコースのハーフベストとなる通算3オーバー・39。この日のベストスコア81をマークしてトータル通算20オーバー・164。2014年の第8回大会以来のプレーオフで、今回は見事に勝ち連覇で4度目の栄冠に輝きました。

 「ドライバーショットが好感触で後半はまずまずのスコア。収穫のラウンドでした。プレーオフと聞いてびっくりしましたが、連覇のチャンスになったので全力でプレーしようとスタートしました。優勝は本当にうれしいです」。本年7月に行われた当連盟の創立五十周年記念式典ではそれまでの成績で特別表彰を受けた平塚選手。4度目の優勝を飾り最多優勝回数を更新しました。「連覇、そしてV4できて光栄に思います。今年の全国大会でもシード獲得の上位目指して頑張りたいですね」と語ってくれました。

(9/29 20:2)

第2位入賞の松田選手

惜しくもプレーオフで敗れた松田清美選手(仙台空港)が第2位!

 前日トータル通算7オーバー・79の最終1組前でスタートした松田清美選手(仙台空港)は「今日も70台でラウンドできるよう目標設定しました」とインコース10番スタートティーに立ちました。難コンディションの中では比較的ショットはまずまずの出来だったと言う松田選手。悪くてもボギーで抑えて通算6オーバー・42で折返し。最終組でも苦戦を強いられておりトップタイで後半戦へ向かいます。

 後半は「グリーン上で速いのか遅いのか読み切れず悩んでしまい、パッティングの距離感が合わなかった」とグリーン上で苦しい展開となり2ダブルボギー、3ボギーの通算7オーバー・43、計85。この日は13オーバーと崩れましたが、最終組4名がスコアを落としたためトータル通算20オーバー・164でプレーオフに残りました。

 プレーオフ1ホール目のアウトコース1番ティーでは「パッティングがわからなくなってしまったのでプレーオフは不安でした」。それでも第3打を先に1Mに寄せてパーセーブの先手を打った松田選手でしたが、平塚選手の見事なパッティングで「プレッシャーがかかった」とパーセーブできず第2位となりました。「悔しいですね。でも東北予選からの全国大会出場は初めてなので、本戦でシードが獲得できるようベストを尽くしたいですね」と語ってくれました。

 なお、本競技の上位7名に日本女子シニアゴルフ選手権競技への参加資格が付与されました。出場選手のご健闘をお祈り申し上げます。

(9/29 20:1)

第3位タイに並んだ4名の選手の皆さん
表彰式会場の模様
プレーオフ1ホール目の平塚選手のティーショット
 
(9/29 20:0)

全国大会出場を決めた7名の選手の皆さん
 
(9/29 20:4)


前半インコース最終18番のプレー風景

女子シニア最終日・第2ラウンドのバックナインが終了!
松田清美選手(仙台空港)、鷹嶋兼子選手(秋田椿台)、斉藤くみこ選手(夏泊)が
トータル通算13オーバーでトップタイで後半へ

 2016年度(第10回)東北女子シニアゴルフ選手権競技の最終日・第2ラウンドが9月29日(木)、富谷カントリークラブ(5,617Y/PAR72)で開催となり、最後の18ホールが行われています。昨夜から午前中一杯降り続いた雨は、次第に弱まり午後にはほとんどあがって曇り空に。しかし、風が強くなってさらに難コンディションとなりグランドシニア、女子シニア参加選手もスコアメイクに苦労しているようです。

 午後12時30分、女子シニア前半インコースのプレーが終了しました。前半戦が終了した時点で、前日第4位タイ、最終1組前スタートの松田清美選手(仙台空港)が通算6オーバー・42でラウンドし、トータル通算13オーバーのトップタイで後半に折返しました。前日トータル通算6オーバー・78のトップタイでスタートした鷹嶋兼子選手(秋田椿台)、斉藤くみこ選手(夏泊)の両名は前半で7オーバー・43と同スコア。トータル通算13オーバーで松田選手とともにトップタイで後半へ向かいました。

 続く第4位にトータル通算14オーバーで三浦小百合選手(一関)、第5位にトータル通算15オーバーで高田偉差子選手(セベ・バレステロス泉)が続きいており息を抜けない闘いが展開されています。果たして誰の頭上に栄冠が輝くのか。

(9/29 14:18)


インコース10番ホールのスタート風景

女子シニア第2ラウンドスタートしました!

 2016年度(第10回)東北女子シニアゴルフ選手権競技の最終日・第2ラウンドが9月29日(木)、富谷カントリークラブ(5,617Y/PAR72)で開催となりました。富谷CCでの連盟主催競技は2010年開催のTGAゴルフフェスティバル以来5年ぶり10度目。この日は前日から雨模様が続き、あいにくの空模様ですが、コンディションは上々。参加の53名(1名棄権を除く)がインコースから定刻の7時30分にスタートしました。

 初日・第1ラウンドはトータル通算6オーバー・78で鷹嶋兼子選手(秋田椿台)、菊池るみ子選手(栗駒)、斉藤くみこ選手(夏泊)の3名がトップタイに並んでいます。続いて1打差の第4位タイに松田清美選手(仙台空港)、三浦小百合選手(一関)の2名がトータル通算7オーバー・79。降雨で難しいコンディションのうえ、女子シニアも上位陣は僅差で混戦が予想されますが、どんな闘いが展開されるのか。

 最終日・第2ラウンドの成績発表は夕方の予定です。

(9/29 11:25)

左からトップタイの鷹嶋選手、菊池選手、斉藤選手、4位タイの三浦選手、松田選手
 
(9/29 11:15)

2016年9月28日(水)
1Round
トップタイに並んだ鷹嶋選手

鷹嶋兼子選手(秋田椿台)、菊池るみ子選手(栗駒)、斉藤くみこ選手(夏泊)が
トータル通算6オーバー・78でトップタイに並ぶ!

 2016年度(第10回)東北女子シニアゴルフ選手権競技が9月28日(水)、富谷カントリークラブ(5,617Y/PAR72)で初日・第1ラウンドを迎えました。連盟主催競技が5年ぶり10度目の開催となる富谷CCはスタート終盤から降雨となりプレーへの影響が心配されましたが、順調な進行で初日の18ホールが行われています。雨天のプレーとなりましたがグリーンが速くスコアメイクに苦しんだようです。

 午後3時30分、女子シニア参加の54名(2名欠場を除く)全選手がホールアウトしました。競技の結果、鷹嶋兼子選手(秋田椿台)、菊池るみ子選手(栗駒)、斉藤くみこ選手(夏泊)がトータル通算6オーバー・78でトップタイに並びました。第4位タイには松田清美選手(仙台空港)、三浦小百合選手(一関)の2名がトータル通算7オーバー・79で続いており、70台はこの5名のみ。本年の女子シニアは混戦が展開されました。

 トップタイに並んだ3名はいずれもインコーススタート。鷹嶋兼子選手(秋田椿台)はスタートの10番ホールはパーセーブ。11、12番で連続ボギーとしスコアを落としますが「雨が降って難しいコンディションなのでボギー狙いで行こう」と手堅くプレー。これが功を奏して、その後はパーセーブを続けます。17番のボギー1つに抑えて通算3オーバー・39で折返し。

 その後も安定したゴルフでパーを続ける鷹嶋選手。5、6番で連続ボギーとしますが7番ではしっかりパーセーブして崩れません。8番ホールではティーショットミスからトラブルの大叩きにとなりそうなところをボギーに抑えて、後半も通算3オーバー・39にまとめて、計78。

 「パッティングでもったいない所がありましたが、1打1打大事にプレーした結果だと思います。明日もベストを尽くしたい」。昨年は2日目に好スコアをマークして2位入賞を果たしただけに、明日の闘いに期待が高まります。

(9/29 11:19)

トップタイに並んだ菊池選手

 同じくトータル通算6オーバー・78でトップタイに並んだ菊池るみ子選手(栗駒)はスタートホールの10番でダブルボギー、続く11番ではティーショットミスから第2打以降の無理攻めが響いてダブルパーの8、2ホールで6オーバーと大きくスコアを落とします。13番のボギーでさらに1つスコアを落としますが「14番以降、ドライバーショット、アイアンショットが良くなりました」と好調のパッティングも噛み合ってパーを重ねパーセーブ。最終18番では残り110Yの第3打をピン右1.5Mにつけバーディーとし通算6オーバー・42で折返し。中盤以降はスコアを堅守しました。

 後半スタートの1番ホールでボギーとしますが、続く2番ショートホールではピン手前8Mのロングパットを決めてバーディーとしスコアを戻します。その後はアイアンショットが冴えてピンに絡みバーディーこそないものの、パーオン2パットのパーでスコアをキープ。後半は通算イーブンパー・36、計78。

 前半は大きくスコアを落としましたが、後半は好プレーが光ってスコアをまとめ、トップタイで初日を終えました。「前半苦しかったですがなんとか後半スコアをまとめることができました。明日はドライバーショット次第ですが、アイアンとパッティングが良いので初優勝狙って頑張りたいですね」と語ってくれました。期待しましょう。

(9/28 17:46)

トップタイに並んだ斉藤選手

 斉藤くみこ選手(夏泊)も鷹嶋選手、菊池選手に並んでトータル通算6オーバー・78をマーク。トップタイに並んで、明日、最終組の優勝争いに加わりました。スタートから12番まではパーオンしなかったもののアプローチが冴えてパーセーブ。14番以降はショットも絡んでパーを重ねます。16、18番の2ボギーに抑えて通算2オーバー・38で折返し。

 「ショットはまずまず良かったですが、距離感が難しい。ラフに入ると厳しかったですね」と後半は苦しい展開。3、5、6番でボギーと3つスコアを落とします。続く7番ショートホールではグリーンをはずしますが、残り20Yの第2打アプローチはスライスラインを読み切ってチップインバーディーと1つスコアを戻します。「後半も30台で上がりたかったですが、8番も9番もセカンドショットの距離が合わなかった」と連続ボギー。通算4オーバー・40、計78。

 斉藤選手は女子シニア参戦14年目で全国大会の東日本予選では予選落ちがたったの2回、2度のシード獲得経験を持つベテラン。東北大会が予選化した昨年2015以降は全国大会の出場が途絶えている。「東北大会ではあまり成績を残せていないので、明日は攻める気持ちでのぞみたい」と初優勝と予選突破を狙います。期待しましょう。

(9/28 17:41)


インコース女子シニアスタートしました

女子シニア第1ラウンドスタートしました!

 9月28日(水)、2016年度(第10回)東北女子シニアゴルフ選手権競技の初日・第1ラウンドを迎えました。開催倶楽部の富谷カントリークラブ(5,617Y/PAR72)は2010年開催のTGAゴルフフェスティバル以来5年ぶり、連盟主催競技10度目の開催となり、昭和38年開場、連盟加盟継続五十年の歴史あるゴルフ場で過去には数々の熱戦が繰り広げられました。

 この日は早朝からスタート中盤までは曇り。その後小雨がぱらつくあいにくの天候となりましたが、会場の富谷CCは上々のコンディションで初日・第1ラウンドを迎え、参加の54名(2名欠場を除く)がインコースから定刻の8時6分にスタートしました。

 第1ラウンドの成績発表は夕方の予定です。

(9/28 11:23)

インコース10番ティーのスタート風景
練習場打撃練習風景
10番グリーンのプレー風景
 
(9/28 11:15)

2016年8月15日(月)
Information
女子シニアエントリー受付開始

本日(8月15日)午前10時より、東北女子シニア選手権競技のエントリーが開始となります。

参加希望の方は、競技規定を確認のうえ、締切日(9月6日(火)午後5時)までにお申し込みをお願い申し上げます。

加盟倶楽部会員以外の方の参加希望者の方は、参加申込書をダウンロードいただき、東北ゴルフ連盟事務局まで郵送にてお申込みください。申込書はこちら

なお、開催倶楽部近隣の宿泊ホテルをご案内致します。必要な方は各自ご予約願います。宿泊リストはこちら


(8/15 9:58)

Photo Gallery