競技規定
ローカルルール
参加者一覧
組合せ
成績
第34回 宮城県女子アマチュアゴルフ選手権競技
女子
開 催 日: 5月16日(木)~5月17日(金)
開催場所: 仙台クラシックゴルフ倶楽部
舟形連峰や泉ヶ岳、七ッ森を望む地に広がる18ホール。自然の地形を生かした広くゆとりのあるレイアウト、巧みに配されたハザードなど戦略性の高い丘陵コース。
距  離:
2019年5月17日(金)
2Round
初優勝を飾った郡山選手

郡山瞳選手(東北高3年)がトータル通算9オーバー・153で初優勝飾る!

 2019年度(第48回)宮城県アマチュアゴルフ選手権競技(兼第54回東北アマチュアゴルフ選手権競技・宮城県予選)及び、(第34回)宮城県女子アマチュアゴルフ選手権競技の最終日、第2ラウンドが5月17日(金)、仙台クラシックゴルフ倶楽部で開催されました。この日の仙台クラシックGCは早朝から穏やかな初夏の好天に恵まれ最終日にふさわしい舞台の準備が整いました。

 女子アマには8名が参加して最後の18ホールが終了。競技の結果、前日単独トップの郡山瞳選手(東北高3年)がこの日通算6オーバー・78、トータル通算9オーバー・153で初優勝を飾りました。工藤未望選手(東北高3年)がトータル通算17オーバー・161で第2位。トータル通算18オーバー・162で渡邉彩心選手(東北高1年)が第3位入賞を果たしました。

 前半ドライバーショットが乱れたと言う郡山選手は2番から3連続ボギー、5番ではパーオンも10Yのファーストパットから4パットと痛恨のダブルボギー。「ティーショットが悪くてさらにピンポジションが難しくて大変でした」。ズルズルとスコアを落としそうな展開ですが「気持ちを切替えていこう」と再スタートをきると6番パー、7番では残り20Yを50cmにつけて初バーディー。その後は手堅くパーセーブして通算4オーバー・40で折返します。

 後半に入りドライバーショットも復調に兆しが見えて迎えた12番パー3はトラブルからダブルボギーとさらにスコアを落としますが、続く13番はロングドライブが光り第2打を9番アイアンでピン左手前50cmにピタリと寄せてバーディー。最終18番は2Mのフックラインを決めてこの日3つ目のバーディーフィニッシュ。ほか2ボギーで通算2オーバー・38、計78、トータル通算9オーバー・153。

 「県女子アマは初めての優勝ですのでうれしいです。難しいセッティングの中でいい経験ができました。もっとショットの精度を高めること、ショートパットを確実に決めることなど練習を重ねて、次の東北女子アマに向けて頑張りたいです」と笑顔で応えてくれました。期待しましょう。

(5/18 4:51)


初日単独トップに立った郡山選手

郡山瞳選手(東北高3年)がトータル通算3オーバー・75で単独トップ!

 2019年度(第48回)宮城県アマチュアゴルフ選手権競技(兼第54回東北アマチュアゴルフ選手権競技・宮城県予選)及び、(第34回)宮城県女子アマチュアゴルフ選手権競技の初日、第1ラウンドが5月16日(木)、仙台クラシックゴルフ倶楽部で開催されました。この日の仙台クラシックGCはスタート時は曇り。その後気温も上昇し晴れとなって上々のコンディションは良好。県アマ、女子アマの初日、第1ラウンドがスタートしました。

 女子アマ選手権には8名が参加して初日の18ホールストロークプレーが終了しました。競技の結果、郡山瞳選手(東北高3年)がトータル通算3オーバー・75で単独トップに立ちました。「いつも通り力まず落ち着いてプレーしよう」とアウト2組でスタートした郡山選手。3番ショートホールでピン左手前2Mを決めてバーディーが先行。続く4、5番で連続ボギーとしますが、7番ロングホールでグリーンエッジから50cmに寄せて楽々バーディーとスコアを戻します。前半は通算イーブンパー・36で折返し。

 12番ショートホールは10Yのロングパットを強めに入れてこの日4つ目のバーディーを奪いますが「グリーンが難しかった」と後半はほか4ボギーを叩いて通算3オーバー・39、計75。「14、16番のロングホールでいずれもボギーとしたのはダメでした」。ロングヒッター有利のパー5でのオーバーパーに猛省。「グリーンでつけてはいけない所にいっての3パットが多かった。あしたは2位と3打差ありますしマネジメントしっかり、焦らず自分のゴルフに徹したい」。初優勝なるか。期待しましょう。

(5/17 7:5)