競技規定
ローカルルール
参加者一覧
組合せ
成績
国民体育大会ゴルフ競技選手選考会
少年男子
開 催 日: 4月23日(木)~4月24日(金)
開催場所: 泉国際ゴルフ倶楽部
距  離:
2015年4月24日(金)
2Round
選考資格を得た6名の選手の皆さん

高校1年の白石星南(東北高1年)選手が初のトップ通過果たす!

 前日単独トップでこの日最終組スタートの白石星南(東北高1年)選手がこの日も堅実なプレーを展開し、通算1オーバー・73、トータル通算2オーバー・146で1年生ながら単独トップ通過を決めました。

 ドライバーショットで左に曲がるミスが続いて、スコアメイクに苦しんだという白石選手。アイアンショットはまずまずの出来でなんとかパーオンさせパッティングでは大きなミスもなくスコアをまとめることができたと言います。前半は4番で3Mを決めてバーディーとし他2ボギーの通算1オーバー・37で折り返し。

 後半に入って11、12番の連続ボギーでスコアを落としますが、15番で4Mを決めてバーディー。16番ロングホールではでは2オン2パットの連続バーディーでスコアを戻し通算イーブンパー・36、計73、トータル通算2オーバー・146。第2位の今野匠(ルネサンス2年)選手に4打差をつけて初の選考会トップ通過を決めました。「2日間まずまずのスコアでラウンドできトップで通過することができて良かったです。ドライバーショットを練習して初の国体参加を目指して頑張りたい」と語ってくれました。

 なお、上位6名に国体ゴルフ競技の候補選手資格が付与され、ここから代表3名に絞られる選考会が行われます。各選手のご健闘をお祈り申し上げます。

(4/24 18:26)

2015年4月23日(木)
1Round
単独トップに立った白石選手

白石星南(東北高 1年)選手が通算1オーバー・73で単独トップ。

 宮城県ゴルフ連盟主催競技の本年度の初戦、第70回国民体育大会ゴルフ競技選手選考会〈少年男子〉の初日・第1ラウンドが4月23日(木)、仙台市泉区の泉国際ゴルフ倶楽部で開催されました。会場の泉国際GCは久しぶりの快晴に恵まれ温かく穏やかな1日となり、少年男子の部は8時25分にアウトコースより一斉にスタート。絶好のコンディションの中、参加した17名が18ホールストロークプレーを行いました。

 この日好調だったのは白石星南(東北高 1年)選手。2位の松尾勇輝(東北高 3年)選手に1打差をつけ単独トップに立ちました。今年、茨城県から東北高校に進学し国体選考会への参加は初めてという白石選手ですが、落ち着いたプレーで好スコアをマークしました。スタートこそ1番ボギー、2番20cm、3番8Mを決める連続バーディー、4番ボギー、5番ダブルボギーと出入りの激しいゴルフですが、その後一転して、安定したゴルフを見せ、通算2オーバー・38で折り返します。

 10番ロングホールは第2打を3Wで5Mにつけるイーグルチャンス。惜しくもはずしますがバーディーとしスコアを伸ばします。15番では2Mを決めこの日4つ目のバーディーを奪い、通算イーブンパーに戻しますが、最終ホールで3パットボギーとし通算1アンダー・35、計73。「スタートの1番で30cmを外したのと、最終の3パットがもったいなかったですが、ティーショットが悪い時はアイアンでカバーできたので良かったと思います」。ドライバーショットに若干の不安を感じるもののアイアンショットが好調でスコアメイクできたという白石選手。「初めての参加で緊張もしましたが、明日はアンダーパーでラウンドしてスコア戻せるようプレーしたい」。期待しましょう。

(4/23 18:6)