(#008 2019/3/13)
2019年度主催競技競技規定改正

主催競技において下記の通り変更となります。詳細は各主催競技のページに掲載しております競技規定をご確認願います。

1. 2019ゴルフ規則改正に伴う規則の条項や文言等の改正

 

 2019年ゴルフ規則に伴い、これまでゴルフ規則で定めていた競技の条件の部分がローカルルールの扱いになりました。以下の改正内容は、3月末発刊予定の「2019年度ゴルフ規則のオフィシャルガイド」に掲載されている内容となっております。

項目 従来 改正案
プレーの条件 第3ラウンドへの進出者が正式に発表された後に、第2ラウンドまでのスコアが規則6-6d例外に基づいて修正される者や、競技失格、棄権となる者が出たことにより70位タイのストローク数に変更があった場合でも第3ラウンドに進出するプレーヤーは追加しない。 第3ラウンドへの進出者が正式に発表された後に、第2ラウンドまでのスコアが規則3-3b(3)例外(規則書29ページ)に基づいて修正される者や、競技失格、棄権となる者が出たことにより70位タイのストローク数に変更があった場合でも第3ラウンドに進出するプレーヤーは追加しない。
使用クラブの規格 『適合ドライバーヘッドリストの条件・ゴルフ規則付Ⅰ(B)1a』を適用する。                              (ゴルフ規則176ページ参照) クラブと球 適合ドライバーヘッドリスト
 ローカルルールひな型G-1(ガイド560ページ)を適用する。
 
プレーヤーがストロークを行うために使うドライバーはR&Aが発行する最新の適合ドライバーヘッドリストに掲載されているクラブヘッド(モデルとロフトで識別される)を持つものでなければならない。このリストは定期的に更新され、RandA.orgで閲覧できる。
例外-1999年より前に製造されたクラブヘッドを持つドライバーはこのローカルルールから免除される。
このローカルルールに違反したクラブでストロークを行ったことに対する罰:失格
溝とパンチマークの規格 『2010年1月1日施行の溝とパンチマークの規格に適合するクラブの使用を求める競技の条件』(裁定4-1/1)を適用する。(付属規則Ⅱ5C注2ゴルフ規則198ページ参照、2016-2017ゴルフ規則裁定集79ページ参照) 溝とパンチマークの仕様
 ローカルルールひな型G-2(ガイド561ページ)を適用する。
 
ストロークを行うとき、プレーヤーは2010年1月1日に施行された用具規則の溝とパンチマークの仕様に適合するクラブを使用しなければならない。現行のゴルフ規則への適合性がテストされあフェアウェイウッド・ハイブリッド、アイアン、ウェッジの用具のデータベースはRandA.orgで閲覧できる。
このローカルルールに違反したクラブでストロークを行ったことに対する罰:失格
使用球の規格 『公認球リストの条件・ゴルフ規則付Ⅰ(B)1b』を適用する。  
 (ゴルフ規則177ページ参照)
適合球リスト
 ローカルルールひな型G-3(ガイド561ページ)を適用する。

ストロークを行うときに使用する球は、R&Aが発行する最新の適合球リストに掲載されているものでなければならない。このリストは定期的に更新され、RandA.orgで閲覧できる。
このローカルルールに違反して最新のリストに掲載されていない球でストロークを行ったことに対する罰:失格
キャディ
(共用)
正規のラウンド中、プレーヤーが委員会によって指定された者以外をキャディーとして使用することを禁止する。
この条件の違反の罰は『ゴルフ則付I(B)2』を適用する。  (ゴルフ規則179ページ参照)
正規のラウンド中、プレーヤーが委員会によって指定された者以外をキャディーとして使用することを禁止する。
このローカルルールの違反の罰
 :「ローカルルールひな型H-1.2」(ガイド566ページ)を適用する
*なおプレー形式は共用のキャディーとなります。
キャディ
(セルフ)
正規のラウンド中、プレーヤーのキャディー使用は禁止する。
この条件の違反の罰は『ゴルフ規則付Ⅰ(B)2』を適用する。       (ゴルフ規則179ページ参照)
正規のラウンド中、プレーヤーのキャディーの使用を禁止する。
このローカルルールの違反の罰
 :「ローカルルールひな型H-1.1」(ガイド565ページ)を適用する

移動 正規のラウンド中の移動について『ゴルフ規則付Ⅰ(B)8移動』を適用する。                           (ゴルフ規則183ページ参照)                      
ただし、キャディーが乗用カートに乗ることは認められる。
正規のラウンド中、プレーヤーは動力付きの移動機器に乗車してはならない。ただし委員会が認めた場合や、事後承認された場合を除く。
ローカルルールの違反の罰
 :「ローカルルールひな型G-6」(ガイド563ページ)を適用する


2. 競技別改正

(1)東北ジュニアゴルフ選手権競技

  近年の猛暑による選手の体調を考慮し、移動の条件が変更となっております。

 15~17歳の部:選手は歩き、カートにバックを乗せて移動
 11歳以下・12~14歳の部:カートへの乗車可

(2)倶楽部対抗競技の参加倶楽部数の変更

  倶楽部対抗競技では荒天時対応の組合せを採用しており、昨年のクラブ数では、男子は各グループで4人組と3人組の組合せが発生し、女子は各グループで別グループとの組み合わせとなったため、荒天時対応の組み合せをした際に、グループ毎になるよう以下の通り倶楽部数を変更いたしました。
 
従来 改正・追加
 男 子:4名×30倶楽部 120名
 女 子:4名×25倶楽部 100名
 男 子:4名×32倶楽部 128名
 女 子:4名×24倶楽部  96名

(3)TGAゴルフフェスティバル

  上部競技のJ-sys選手権の参加資格が変更になったことに伴い、TGAゴルフフェスティバルの参加資格も統一し、下記の通り変更となります。

「本競技への参加資格となるJGA/USGAハンディキャップインデックスは、申し込み時点から過去1年間の5枚以上のスコアが反映され、なおかつ、当年度各県のアンダーハンディキャップ競技のスコアが反映された数値でなければならない」

(4)全国大会欠場者の繰り上げについて

 全国大会進出者に欠場者が出た場合

 
従来 改正・追加
次位のものを繰り上げない 次位のものを繰り上げる

3. マッチングカード方式について

  当連盟主催競技において、全国大会進出者の順位にタイが生じた場合、マッチングスコアカード方式を採用しておりますが、新ゴルフ規則ではマッチングスコアカード方式が以下の通り変更となっております。

マッチングスコアカード方式:

以下の順序により合計スコアを比較し、成績の良い競技者を上位者とする。

① 2ラウンド以上の場合は最終ラウンドのスコア
② 最終ラウンドの10番ホール ~ 18番ホールの合計スコア
③ 最終ラウンドの13番ホール ~ 18番ホールの合計スコア
④ 最終ラウンドの16番ホール ~ 18番ホールの合計スコア
⑤ 最終ラウンドの18番ホールのスコア
⑥ 最終ラウンドの4番ホール ~ 9番ホールの合計スコア
⑦ 最終ラウンドの7番ホール ~ 9番ホールの合計スコア
⑧ 最終ラウンドの9番ホールのスコア 

◆PDFはこちら

尚、マッチングスコアカード方式でも決まらない場合は、「当該委員会のくじ引き」とすることが決定しております。

4. 賞の追加

  参加人数の増減により下記競技の入賞を改正いたします。
 

東北ジュニア:男女優勝~5位
女子シニア :優勝~5位
       年齢別:50代・60代・70代 各メダリスト
前の記事へ
メニューリスト
次の記事へ